日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ASEAN地域を対象にした聴覚障害者の中等教育環境整備のための国際ネットワークの推進 (Pre-College Educational Network (P-CEN))

団体名 National Technical Institute for the Deaf (NTID), Rochester Institute of Technology (RIT) (ロチェスター工科大学/国立ろう工科大学)
団体名ふりがな National Technical Institute for the Deaf (NTID), Rochester Institute of Technology (RIT)
年度 2012年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥109,274,069
助成金額: ¥71,838,000
事業内容 1.国際中等教育ネットワーク(Pre-College Education Network)の構築
(1)教職員への聴覚障害教育研修の実施
a.フィリピンのろう学校教員15名(第2期生)がろう教育カリキュラムに準じた指導法、言語習得理論等の研修を受講。その他、バイリンガルろう教育および研究手法のワークショップをフィリピンのろう学校教員延べ30名に提供。
b.ベトナムでは、30名の教員が指導法や研究手法についてのワークショップを提供した他、将来の教員候補となるろう者教員の教育実習の指導評価等を行った。
c.カンボジアで教員研修を提供するためのニーズアセスメントを実施。
d.ミャンマーでは、事前研修を実施し計40名の教員が研修を受講。

(2)NTIDにおける修士課程(教員養成プログラム)の履修
昨年に引き続き、ベトナムより選抜された1名がNTIDにおけるろう中等教育修士課程(MSSE)に在籍し、ろう教育に関する理論や指導法について履修した。

(3)NTIDからCSBへの拠点移行に係る準備
CSB新学長を交えて、体制移行に係る準備のための議論を行った。またフィリピンに権限移譲をするための人員体制の配置を図った。

2.情報保障(パソコン通訳、手話通訳)の研修の実施
ベトナムにおける手話通訳および手話通訳指導担当者合計16名を対象に手話通訳養成研修を実施。

3.国際高等教育ネットワーク(PEN-International)の自立的運営
引き続き、加盟校の自立的運営やその他客員教授、奨学生などの対応を行うなど、必要最低限の業務を遂行した。
成果物  
備考