日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

発達障害児のためのサポートツールの個別の使い方とユニバーサルデザイン化

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,224位 (19,756事業中)
成果物アクセス数:56
更新日 : 2020年11月21日

注目度とは?

団体名 全国LD親の会
団体名ふりがな ぜんこくえるでぃおやのかい
年度 2013年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,046,335
助成金額: ¥1,600,000
事業内容 1.フォーラムの開催
(1)時期:2013年6月9日 10:15〜17:30
(2)場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター
(3)対象者:一般・保護者・専門家 329名
(4)内容:講演「読み書き障害のある子どもの基礎理解と関わり方について」等

2.研修会の開催
(1)時期:2013年12月1日(長野)、2014年2月16日(静岡)
(2)場所:児童発達支援センター「にじいろキッズらいふ」(長野)、静岡県コンベンションアーツセンター(静岡)
(3)参加者:保護者、教職員、医療関係者、福祉関係者等 114名
(4)内容:講演「発達障害のある子どもの特性に沿ったサポートと教材の活用」等

3.教材・教具の具体的な使い方についての会議開催
(1)時期:2013年8月・11月、2014年3月の合計3回。
(2)場所:(有)奥進システム
(3)参加者:10名(国立特別支援教育総合研究所上席研究員、発達障害教育情報センター研究員、教育センター主事、教員、作業療法士等)
(4)内容:教材・教具の具体的な使い方とユニバーサルデザインとしての使い方について検討し、その内容をWeb上で発信していく。
成果物 2013年度発達障害児のためのサポートツールの個別の使い方とユニバーサルデザイン化事業公開フォーラム冊子
2013年度発達障害児のためのサポートツールの個別の使い方とユニバーサルデザイン化事業研修会報告書
2013年度発達障害児のためのサポートツールの個別の使い方とユニバーサルデザイン化事業ホームページへの追加データ報告
備考