日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋教育普及の実現に向けた戦略的研究及び条件整備事業

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:11,067位 (19,363事業中)
成果物アクセス数:23
更新日 : 2020年2月15日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 2013年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,769,640
助成金額: ¥5,769,000
事業内容 学校教育における海洋教育の導入を目的とした戦略的研究と条件整備を2011年度から3年計画で実施し、海洋に関する教育の我が国の教育政策への効果的な反映を目指して以下の事業を実施した。
1.学習指導要領改訂に向けた具体的施策の策定と提言
(1)次期学習指導要領改訂までのスケジュールのアップデート
(2)昨年度提言と新しい海洋基本計画のレビュー
(3)改訂に向けた具体的施策の策定・実施

2.海洋教育普及に必要な教育環境の研究
2012年3月に実施した海洋教育に関する全国アンケート調査を参考に、ロケーション、学校、教員の3つの属性に着目して条件抽出を試みるなどして検討を進めた。

3.外部支援体制の組織化
日本財団、東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターと協力し、お茶の水女子大学、岡山大学、琉球大学、横浜国立大学など海洋教育研究拠点大学との連携会議を通じて今後の連携に向けた検討を行った。

4.教育研究の戦略的推進
海洋教育を推進するため、アメリカ・カナダ等における海洋教育の状況調査を行った。
成果物 平成25年度海洋教育普及の実現に向けた戦略的研究及び条件整備事業報告書
備考