日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ミャンマーに対する中古福祉車両の寄贈 (Donation of used welfare vehicles to Myanmar)

団体名 Myanmar Medical Association (ミャンマー医師会)
団体名ふりがな ミャンマーメディカルアソシエーション
年度 2013年度
事業種別 助成事業
実施地域 アジア
実施国 ミャンマー
事業金額
事業費総額: ¥29,873,735
助成金額: ¥29,873,735
事業内容 日本財団の助成先団体が日本国内で使用していた福祉車両のうち、使用されなくなった状態の良い福祉車両をミャンマーに輸送し、救急車両等に改造した後にミャンマー各地の医療施設及び医療活動団体等にて再利用するもの。

※当事業は、当初実施団体の駐日ミャンマー連邦共和国大使館事業の事業計画が中止となったため、すでに4月〜10月に実施されている活動をミャンマー医師会が引継ぎ、残事業を実施したもの。

1.台数:84台(車種:トヨタハイエース他)
2.寄贈先:ミャンマー消防局、ヤンゴン市、ミャンマー医師会、ミャンマー義肢装具士養成学校、ミャンマー障害者自立生活センター、Sekuu Parlardi 財団、New World therapeutic Training Center、カイン州政府
3.スケジュール:
2013年4月:日本国内各所より車両を川崎港などに国内陸送
2013年5月-7月:各車両の輸出抹消など書類手続き
※放射線値が規定値を超えていたため輸出不可となった車両を廃車
2013年8月中旬:書類手続きの完了した84台を船積み、ヤンゴン港に向け出港
2013年9月初旬:84台がヤンゴン港到着
2013年11月:ミャンマー医師会、およびミャンマー消防局による諸手続き後、ヤンゴン港より車両の受け取り、その後、ミャンマー消防局にて検査・修理、また救急車へ改造可能な車両の改造
※車両整備費、修理費の支払
※陸送費、海運費、諸手続き費用の業者への支払い
2013年11月:各団体へ車両配備完了
成果物  
備考