日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

日英知的対話イニシアチブ (UK-Japan Conference Series with Chatham House)

団体名 Great Britain-Sasakawa Foundation (大英・笹川財団)
団体名ふりがな だいえい・ささかわざいだん
年度 2013年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥51,251,884
助成金額: ¥51,248,010
事業内容 本事業は、5ヵ年にわたり、東京とロンドンで交互に年次会議を行い、また関連するイベントや研究報告書の作成及び発表を行うことを内容とする。第二回目の会議は、2014年10月に実施することを計画しており、議論のアジェンダに応じて、英国、日本、EU、その他地域(特にアジア地域)からの有識者を招聘する。

総合的なテーマは、国際社会で日英両国がともに果たすべき地政学的・経済的役割の検証である。日英両国より、主要な意思決定者を聴衆として招き、日本と英国の間に存在する問題に関する意識を高めるとともに、中長期にわたって双方が関心を共有する領域における協力関係をいっそう深めるための現実的な方法について議論する機会を提供する。議論の成果は、政府、企業をはじめ、その他、関連する組織や機関に広く提供することとする。
1.準備ワークショップ(2013年2月、1日、ロンドン)
  本会議のプログラムの枠組み、人選などについて討議する。
2.テーマ別ディスカッション会議(2014年3月及び7月、2回、ロンドン)
   本会議のアジェンダを絞り込むためのチャタム・ハウス内の
   ディスカッション会議
3.本会議 2日(2014年10月、1回、東京)
 公開セミナー:準備ワークショップにて、議論されたテーマについて公開セミナーを開催する。
 非公開会議:公開セミナーの成果を踏まえ、さらなる専門的な議論を行う。4.隔年会議レポート:「日英グローバル・パートナーシップの展望」日英両言語で出版
成果物  
備考