日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

国際海事展への参加

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,291位 (19,697事業中)
成果物アクセス数:52
更新日 : 2020年8月1日

注目度とは?

団体名 日本船舶輸出組合
団体名ふりがな にほんせんぱくゆしゅつくみあい
年度 2016年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥66,288,751
助成金額: ¥33,144,000
事業内容 新規顧客開拓及び輸出船の安定的受注を目的に、国際海事展への参加及び事前準備を実施した。

1.ポシドニア2016国際海事展への参加
(1)時期:2016年6月6日〜10日
(2)場所:Metropolitan Expo Centre
(3)参加国・出展会社数:90ヶ国(地域)1825社
(4)入場者数: 22,366名
(5)内容:
a.本組合員企業10社において、自社製品、技術、CI等についてPRの展開等
b.「Japanese Shipbuilding and Ship Machinery Technology Seminar at Posidonia 2016」と題してセミナーを開催し、各社が低摩擦塗料、次世代PCTC等についてプレゼンを実施

2.ノル・シッピング2017国際海事展への参加準備
(1)時期:2016年4月1日〜2017年3月8日
(2)内容:
a.展示方針・内容の決定
b.展示小間の申し込み
c.デザイン・コンペ
d.装飾デザイン、展示資材制作の請負契約の締結
e.国内製作

3.SMM2016国際海事展への参加
(1)時期:2016年9月6日〜9日
(2)場所:Hamburug Messe
(3)参加国・出展会社数:66ヶ国2200社超
(4)入場者数:約50,000名
(5)内容:日本造船業をアピールするため本組合員から4社出展し、自社製品、技術、CT等についてPRを展開
成果物 2016年度 Posidonia 2016国際海事展参加事業の実施経過について
2016年度 SMM 2016国際海事展参加事業の実施経過について
備考