日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ダイビング事故収集WEBサイトの運営と収集した情報・情報記事をもとにした安全啓発活動

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:9,957位 (19,665事業中)
成果物アクセス数:40
更新日 : 2020年7月4日

注目度とは?

団体名 Project Safe Dive
団体名ふりがな ぷろじぇくとせーふだいぶ
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,150,991
助成金額: ¥1,930,000
事業内容 1.ダイビング事故収集WEBサイトの公開
(1)時期:2017年4月1日〜2018年3月31日
(2)場所:インターネット上
(3)対象者:サイト閲覧者(全員)
(4)内容:ダイビングのスキル・安全の情報を提供すると共に事故情報を収集し、トピック数28件を掲載した。

2.事故や安全の情報記事の提供(WEB)
(1)時期:2017年4月1日〜2018年3月31日(月1回)
(2)場所:インターネット上(上記1のサイト)
(3)対象者:サイト閲覧者(全員)
(4)内容:ダイビングのスキル・安全の情報を提供すると共に事故情報を収集し、20本の記事を掲載した。

3.事故や安全の情報記事の提供(冊子・PDF)
(1)時期:2018年1月
(2)場所:事務所、インターネット上 http://safedive.or.jp/project
(3)対象者:関係者、希望者、サイト閲覧者(全員)
(4)内容:上記2.の年度内の内容をまとめたものを発刊し関係者に配布したとともに、ネット上でも提供できるようにした。

4.収集した情報・情報記事をもとにした安全啓発活動
(1)時期:2017年12月、2018年1、2、3月
(2)場所:東京都、大阪府、愛知県、沖縄県
(3)対象者:一般ダイバー、事業者ダイバー
(4)内容:集めた情報や既に得ている資料・情報をもとに、一般ダイバーに分かり易い安全啓発セミナーを実施した。事業者ダイバー向けに特化した安全啓発セミナーを実施した。
成果物 2017年度PSDフォーラム
2017年度活動報告
2017年度有識者15人が考える安全ダイビング提言集(2016年度事業)
備考