日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

世界の海洋秩序に向けた人づくり事業(2018-2019期) (Human Resources Development and Advancement of Legal Order of Oceans)

団体名 United Nations (国際連合)
団体名ふりがな United Nations
年度 2017年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥290,262,750
助成金額: ¥290,262,750
事業内容 SDG14の実施・達成に向けた以下の海洋人材育成事業を実施。
1.世界の海洋秩序の発展に向けた人づくり事業
(1)対象:各国政府行政官(中堅クラス)
(2)実施期間:2018年3月〜2019年4月
(3)人数:13人(既存の11人から2名増)
(4)内容:国連海洋法条約下での法制度や履行などに関する研究
a)国連海事海洋法課で実務研修3ヶ月
b)提携大学・研究機関(24ヵ国48 機関)での実務、及び調査研究活動6ヶ月
(5)パートナー:48の国際機関や大学など
2.テーマ別能力開発
(1)対象:各国政府行政官(中堅クラス)
(2)実施期間:2018年3月〜2019年4月
(3)人数:12人
(4)内容:海洋の重要な問題について、テーマ別(気候変動、水産資源管理、海洋汚染、海底資源開発など)でのより深い研究
a)国連海事海洋法課で実務研修3ヶ月
b)国連関係機関での研究1ヶ月
(5)パートナー:FAO,UNDPなどの国連専門機関、ITLOSなどの国際機関
3.重要な海洋問題に関する能力支援
(1)対象:海洋に関する知識や情報が著しく不足している国の行政官
(2)実施期間:2018年3月〜2019年4月
(3)人数:3人
(4)内容:海洋の重要な問題について戦略的に対処すべき島嶼国などに対してカスタマイズした研修の実施
a)国連海事海洋法課で実務研修3ヶ月
b)国連関係機関での研究1ヶ月
(5)パートナー:FAO,IMOなどの国連専門機関
4.BBNJに関する人材育成事業
(1)対象:BBNJプロセスに関わる外交官・行政官及び関係機関の職員。
(2)実施期間:2018年3月〜2019年4月
(3)人数:20〜25人
(4)内容:BBNJに関する条約締結プロセスのための政策的及び科学的な知識や技術のための研修
(5)パートナー:各国政府、NF Alumniネットワーク
成果物  
備考