日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

アジア社会事業家ネットワークの構築 (Leadership Exchange Asia Program (LEAP)) (実施中)

団体名 Salzburg Global Seminar (ザルツブルグ・グローバル・セミナー)
団体名ふりがな ザルツブルグ・グローバル・セミナー
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥61,540,875
助成金額: ¥51,512,500
事業内容 1.第1回日印フォーラムの開催
(1)テーマ:アジアの先駆的事例となり得る、日印両国における最新の技術やビジネスモデル、社会モデルを用いた社会課題解決
a.ウェルビーイング
b.気候・環境
c.食料生産
d.水・エネルギー・資源
e.都市開発
g.地域活性化
(2)開催期間:2020年4月(4日間)
(3)開催地:日本
(4)対象者:10年以上の実務経験があり、先駆的なソリューションに参画し得る専門家(日印両国から15名ずつ、計30名)
a.ハイテク産業の技術者
b.工学、化学分野等における最先端技術の研究者
c.企業経営者
d.政策立案者
e.行政従事者
2.第1回アジア平和イノベーションフォーラムの開催
(1)テーマ:アジアにおける紛争予防、調停、および平和構築
(2)開催期間:2019年12月(4日間)
(3)開催地:オーストリア(ザルツブルク)
(4)対象者:10年以上の実務経験がある、南タイ、ミンダナオ島等のアジア地域の紛争予防の分野で活躍するアクターを中心とした平和構築の専門家(30名)
a.NGO職員
b.国連関係者
c.研究者
d.ジャーナリスト
e.芸術家等のインフルエンサー
成果物  
備考