日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

International Micro plastics Youth Confrence 2019(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:12,360位 (19,345事業中)
成果物アクセス数:13
更新日 : 2020年1月25日

注目度とは?

団体名 International Micro plastics youth conference 実行委員会
団体名ふりがな いんたーなしょなるまいくろぷらすてぃっくゆーすかんふぁれんすじっこういいんかい
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,026,000
助成金額: ¥1,610,000
事業内容 1.International Micro plastics Youth Confrence 2019
(1)2019年7月21日
(2)京都大学時計台記念館
(3)186名(国内高校生65名 海外高校生34名 大学生37名 一般38名 教員12名)
(4)
アメリカ、台湾、シンガポール、フィリピン、キューバから高校生が集まり、「海洋におけるマイクロプラスチック問題」に関する研究成果で交流した。海洋におけるマイクロプラスティックの調査結果を持ち寄り、マイクロプラスティック問題に関する提言を世界に向けて行った。

2.若狭高校環境フォーラム
(1)2019年7月20日
(2)福井県おおい町総合運動公園
(3) 381名(国内高校生326名 海外高校生34名 教員21名)
(4)環境に関する研究活動をしている高校生が集まり、自らの件油性かを協議した。海外からも高校生が参加し、地域の取組みから世界規模の環境問題までワークショップも行いながら、学びを深めた。

3.おおい町フィールドワーク
(1)2019年7月19日
(2)福井県おおい町南川流域
(3)133名(国内高校生65名 海外高校生34名 教員10名 一般24名)
(4)若狭湾につながる南側の源流であるおおい町の里山を舞台に、山川海のつながりを学ぶワークショップ、講演会、体験活動を行った。
成果物 2019年度 international microplastics youth confrence2019海と日本事業報告書
備考