日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

折戸湾環境創造プロジェクト(上期)(海と日本2019)

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:12,648位 (19,367事業中)
成果物アクセス数:12
更新日 : 2020年2月22日

注目度とは?

団体名 清水港開港120周年記念事業実行委員会
団体名ふりがな しみずこうかいこうひゃくにじゅうしゅうねんきねんじぎょうじっこういいんかい
年度 2019年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,409,625
助成金額: ¥6,720,000
事業内容 静岡県の子供や若者に海洋環境や海事に関する学び、海洋への意識を向上してもらうため、以下の事業を実施した。

1.体験学習の開催
(1)講義及び現地調査
a.時期:4月20日〜21日、9月28〜29日
b.参加者:中高生18名(4/20)、21名(4/20)、18名(9/28)、19名(9/29)
c.内容:東海大学海洋学部教授陣による海洋の環境に関する講座及び干潟に生息する生物の調査

(2)洋上セミナー
a.時期:7月27日
b.参加者:中高生 16名
c.内容:洋上で駿河湾や清水港、海図に関する船上講座やモニターを使用した海底地形の解説等

(3)マリンスポーツ等の体験学習
a.時期:8月24日
b.参加者:小学生の親子12組24名
c.内容:SUPの体験、タッチプールでの海洋生物とのふれあい

2.東海大学海洋学部と連携した調査研究
(1)時期:2019年4月〜9月
(2)参加者:東海大学学生や教授と中高生68名
(3)内容:アサリ採苗による水質浄化の実海域試験、養浜による環境保全研究、海域の実態調査

3.ラジオ番組での体験報告及び海洋環境啓発
(1)時期:2019年7月13日
(2)内容:イベント体験報告及び海洋環境啓発の発信

4.中学生による海をテーマとした放送作品の作成、放送
(1)2019年4月〜9月
(2)参加者:静岡市清水区内の中学校14校
(2)内容:FMしみずで40秒を1日2回スポット放送、参加各校での校内放送、7月13日イベント会場での放送
成果物 2019年度 実施報告書
2019年度 実施報告書(その2)
備考