日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

基盤整備 (実施中)

団体名 海上保安協会
団体名ふりがな かいじょうほあんきょうかい
年度 2020年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥29,000,000
助成金額: ¥29,000,000
事業内容 1.海上保安活動に関する普及啓発事業
(1)海上保安新聞の発行
(2)海上保安資料館横浜館における北朝鮮工作船等展示、関門海峡ミュージアムにおける海上保安業務紹介(通年):説明員を配置し九州南西海域工作船事案、領海警備、不審船対応等の海上保安活動を紹介する。
2.海上における防犯、安全の確保、環境の保全に関する事業
(1)海上保安協力員による活動(通年):全国に海上保安協力員を配置し巡回監視や啓発活動、海上犯罪・海洋汚染等発見時の海上保安庁への通報を実施するほか、協力員連絡会議を開催する。
(2)未来に残そう青い海・図画コンクールの実施(海上保安庁と共催)
(3)未来に残そう青い海・海洋環境保全推進(海と日本プロジェクト):海ごみゼロウィークを中心に全国の海岸等で官民一体の海浜清掃活動、海洋環境教室を実施し、海洋環境保全思想の普及啓発を図る。
3.海外海上保安関係機関との連携、協力に関する事業
(1)東南アジア海上保安機関の能力向上:海上保安庁の東南アジアへの巡視船派遣に併せ、巡視船寄港地の海上保安機関との訓練、研修への支援、協力を行う。
4.海上保安大学校、海上保安学校学生を対象とした教養の涵養事業
(1)笹川記念海上保安教育援助基金事業:短期海外研修、学生国際会議、米国研究機関との共同研究及び学術交流等の実施 
5.海上保安活動に関する調査研究事業
(1)海上保安フォーラムの開催
6.海上保安活動に係る海上保安官又は協力援助者の災害に対する救済に関する事業
(1)海上保安活動時の被災者援護基金事業:海上保安業務の遂行に際し災害を受けた者に対する援護
成果物  
備考