日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

AI画像認識を利用した物標検出センサと船上センサのセンサフュージョンに関する技術開発 (実施中)

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 2022年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥40,200,000
助成金額: ¥32,160,000
事業内容 本事業は、2022年度と2023年度の2年計画で行うもので、初年度は以下を実施する。

1. AI画像認識機能の開発
本開発ではAIS及び船舶レーダでは要求性能外とされている小物標の検出並びに物標位置(緯度経度)を特定する機能の開発を行う。AIを利用した画像認識技術と光学カメラ、また、夜間、荒天時の検出確率を向上させるための赤外線カメラを基本構成として、AISと船舶レーダで得られる位置情報を組み合わせAIに学習させることにより、AIS非搭載船等の小物標やレーダ偽像を防止するために設定するレーダ送信停止エリア、レーダの輻射角度に起因する不感エリアに存在する物標探知性能の向上、更には船舶レーダ同等の探知精度の達成を目指す。
2. 物標同定機能の開発
AIS情報と船舶レーダのターゲットトラッキング(TT)情報を同定するアソシエーション機能を拡張したセンサフュージョン機能の開発を行う。AI画像認識部で検出された物標の位置情報の検証に加えて、動的情報がない物標情報に関しては、船舶レーダのTT機能を利用し動的情報の補完を行う。また、本機能の最終的な出力として、AIS情報、船舶レーダのTT情報及び本機能で補完された情報を融合することにより物標の同定を行い、各物標の静的情報及び動的情報を出力する。
3. AI画像認識機能と物標同定機能の陸上評価試験
AI画像認識機能、物標同定機能の評価試験を行う。本評価試験では、操船シミュレーター等、評価用環境を構築しシステム評価とシステム改良を行う。
4. 報告書作成
成果物  
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。