日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「省エネルギー内航船の技術開発」の報告書

 事業名 省エネルギー内航船の技術開発
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 省エネルギー船の標準設計
[1] 設計諸条件の調査研究
 諸条件及び設計船の運航形態、安全性、構造、ぎ装及び主機、軸系、補機等、設計諸条件に適合する経済船型の調査をした。また調査した船型について、設計諸条件の解析を行った。
[2] 設計
 (1)、(2)の研究成果により標準設計を行った。
(2) 省エネルギー船型の開発
[1] 研究項目
a. 最適船型(最適低回転プロペラ装備)における推進性能試験
b. 最適低回転プロペラの単独性能試験
c. 3次元流中のキャビテーション試験
(a) 船尾流場のシュミレーション試験
(b) キャビテーション試験
(c) プロペラ位置における船体表面圧力の変動計測
(d) ベアリング・フォースの計算
[2] 対象模型船およびプロペラ
プロペラ    1個
ダミーモデル  1隻
[3] 研究方法
 理論解析、水槽試験を行った。
(3) 設計図書及び技術指導書の作成
 省エネルギー船の標準設計図面、計算書の原図の作成、及び設計指針、解析をまとめ技術指導書を印刷した。
[1] 体裁
B4 オフセット
310頁  300部
[2] 内容
第1章 諸言
第2章 発足の経緯
第3章 概略設計
第4章 船型の検討
第5章 プロペラに関する検討
第6章 機関・電気部に関する検討
第7章 標準設計
第8章 経済性の評価
第9章 結言
■事業の成果

本事業は、最近特に経済性に優れた省エネルギー型内航船の建造が強く要請されていることから、わが国内航、海運の主力である499総トン型貨物船を対象とし、省エネルギー対策の観点より55年度調査した運航形態、推進性能及び主機、補機等の概略設計に基づいて、現存船より、10%燃料節減の標準船の試設計を行ったことにより、中小造船所及び船主に対する省エネルギー船型設計の指針となるものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,652位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
230

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「中小型船の海外動向基礎調査及び資料の作成頒布」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から