日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「英文造船総合カタログ1982年版の刊行」の報告書

 事業名 英文造船総合カタログ1982年版の刊行
 団体名 日本船舶輸出組合  


■事業の内容

(1) 英文造船総合カタログ1982年版の刊行
[1] 名称  「造船総合カタログ1982年版」
(英語名:Shipbuilding and Marine Engineering in Japan 1982)
[2] 体裁  A4判布表紙本綴
[3] 部数  3,000部
[4] 掲載内容
a 1979〜80年両年における日本造船業の活動状況を紹介する。
b 1979年前半〜1981年後半までに建造された代表的な船舶を掲載する。
 また、船種区分は、今後の需要動向や技術開発状況を考慮して、貨物船・多目的貨物船、バラ積船、油送船・ガス運搬船、特殊船、海洋機器等に重点を置く。
c 最近における代表的な修・改造工事を紹介する。
d 最近における技術動向の解説並びに主要製造主機関の機種別型式、主要目の紹介、船舶の自動化・合理化・安全化のためのシステム・機器を紹介する。
e 組合員紹介欄は、造船会社については、設備・主要製品紹介、舶用機器会社については主要製品紹介、商社については海外支店網の紹介を盛込む。
f 掲載製品等の索引を設ける。
g 付録として造船所分布地図(設備能力表示)を製作する。
挨拶・グラビア等        9頁
総論             3頁
輸出実績           7頁
各種船舶          130頁
貨物船・多目的貨物船   ( 7頁)
特殊貨物船       (15頁)
バラ積船        (27頁)
油送船・ガス運搬船    (25頁)
特殊船         (19頁)
海洋機器        ( 7頁)
修繕・改造船       ( 9頁)
技術開発動向         21頁
解説          ( 5頁)
自動化機器       (10頁)
舶用主機関       ( 6頁)
組合員紹介          85頁
中扉             11頁
索引             4頁
奥付             1頁
付録        造船所分布地図 B全判
配付先 海外関係       1,265部
国内関係        779部
見本市・視察団・その他  956部
合計         3,000部
■事業の成果

わが国造船業を囲む国際環境は再び厳しさを増し、その建造量の大半を輸出船に依存せざるを得ない。しかるに造船業界は、輸出船の受注確保を最大目標として掲げており、本事業は、そのための一方策として、造船総合カタログを刊行配付したもので、本カタログを有効に活用し、海外の船主、海運関係者に日本造船業の実態を正しく認識させることにより、今後の船舶輸出の安定的発展に資するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11,293位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
140

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「第18回アルジェ国際見本市への参加」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から