日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海事思想普及用資料配布」の報告書

 事業名 海事思想普及用資料配布
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


■事業の内容

A 刊行物の作成・配布
イ 「海事パンフレット」の作成・配布
a 名称   「わらべ海へ行く」
b 規格   A5判 16頁 オフセット 4色
c 内容   わが国海運・造船の現状を最近の主なトピックスをまじえながらイラストを中心に解説・編集
d 数量   20,000部
e 配布先  各地方海事広報協会を通じ、全国の小・中学生および、船の科学館、交通博物館等
ロ 「船員確保のためのパンフレット」作成・配布
a 名称   「SEAMAN」
b 規格   B5判 16頁 オフセット 多色
c 内容   全国の中学・高等学校の進学・就職上の参考資料として、海運の役割、船の職場紹介、船員になるための方法などを解説
d 数量   13,000部
e 配布先  全国中学・高等学校等。
ハ 「わかりやすい海事知識」の作成・配布
a 名称   「わかりやすい海事知識」
b 規格   A5判変型 口絵 12頁・本文252頁
活版およびオフセット
c 内容   海運・造船・水産等の海事産業および海上交通安全、海洋汚染防止、海洋をめぐる国際的動向など海事全般にわたる基礎的な情報、数値をわかりやすくまとめた海事入門書
d 数量   14,000部
e 配布先  全国高等学校・教育委員会および全国主要図書館、地方海事広報協会、海事関係団体等
B 海事情報周知広報
a 名称   「海上の友」
b 規格   タブロイド 8〜12頁
c 内容   主として海事産業界の動きや海事に関する諸情報を広く収載
d 数量   4,200部×31回
e 配布先  国会議員、関係官庁、教育委員会、図書館、報道関係、造船・水産関係、海事施設、海事団体、有識者等
■事業の成果

本事業は、海事に関する正しい啓蒙資料を作成し、ひろく国民各層に配布して海事思想の普及を図ることを目的とするものであり、「海事パンフレット」「船員確保のためのパンフレット」「わかりやすい海事知識」「海事情報周知広報」の事業は、青少年はじめ教師、一般国民および有識者等に対する海事知識の向上に大きく寄与し、所期の目的を十分果し得たものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15,005位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
75

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「日本海運振興のための広報」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から