日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「造船技術に関する技術展望並びに論文集の刊行」の報告書

 事業名 造船技術に関する技術展望並びに論文集の刊行
 団体名 日本船舶海洋工学会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 「1983年英文造船造機技術の展望」刊行
[1] 書名    1983年英文造船造機技術の展望
[2] 英文書名  Technical Progress in Shipbuilding and Marine Engineering in Japan During 1983.
[3] 内容    a 建造統計、b 造船施設・設備の整備状況、c 顕著な完成船舶、d 造船設計および工作法、e 船体強度、f 振動および動的応答、g 溶接、h 材料強度、i 抵抗・推進、j 耐航性、k 操縦性、l ガスタービン、m ディーゼル機関、n ボイラプラント、o 電気・自動制御、p 軸系装置およびプロペラ、q 補機・艤装関係、r 海洋汚染防止機器、s 海洋開発関連技術の展望、t 法令・規則
[4] 規格    B5版、95頁、上質紙、活版印刷、表紙色刷
[5] 部数    800部
[6] 配布先   海外610部、国内190部
(2) 「英文論文集」の刊行
[1] 書名    英文論文集
[2] 英文書名  Naval Architecture and 0cean Engineering VOL.22 1984.
[3] 内容    部門<1> 抵抗・推進・運動性能
部門<2> 構造強度・振動・溶接・設計・海洋開発関連技術関係
[4] 規格    B5版、232頁、上質紙、活版印刷
[5] 部数    800部
[6] 配布先   海外603部、国内197部
(3) 「日本造船学会論文集」の刊行
[1] 書名   日本造船学会論文集 第155号、第156号
[2] 内容   第155号 論文数41,419頁(内討論33頁)
第156号 論文数60,628頁(内討論53頁)
[3] 規格   B5版、上質紙、表紙色刷(2色刷)、活版印刷、凸版・写真を含む
[4] 部数   5,600部
[5] 配布先  国内5,380部、海外220部
■事業の成果

本事業は、わが国における造船技術の現状と研究成果を広く海外に紹介するとともに国内においては、造船技術の進歩向上の基盤としての役割をはたすもので特に本刊行物は、海外における活用度が非常に高く、本書を通じてわが国における研究、開発成果が外国人著者による論文の参考文献として盛んに引用されている等わが国造船技術の向上に資するものである。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14,648位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
77

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「海洋および極地工学に関する国際シンポジウムの開催準備」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から