日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「中小型船の海外広報宣伝」の報告書

 事業名 中小型船の海外広報宣伝
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) 開催場所  ジャカルタ市 ホテルインドネシア(MADURA ROOM)
(2) 派遣期間  7日間(1月15日〜1月21日)
(3) 派遣人員  3名(業界2名、事務局員1名)
○ 南日本造船(株)
代表取締役会長  池辺 騏一郎
○ (株)新潟鉄工所
造船事業部長補佐  吉田 貞夫
○ (社)日本中型造船工業会
常務理事      岩下 卓二
(4) 実施内容
[1] 資料の作成
a. 設計資料作成委員会を2回(5月14日、11月29日)開催して審議し、設計資料を作成した。
(図面名称)
10,000D/W マルチパーパスカーゴ
○ Outline specifications
○ General arrangement
○ Lines & offsets
○ Hydrostatic curves
○ Capacity plan
○ Initial calculation of weight,C/G & trim
○ Speed & power curves
○ Midship section
○ Electric power share table
○ Cost estimation
○ Instructions on design
b. 上記図面の複写を50部作成した。
c. 在来設計資料10船型の複写を各10部作成した。
(34) 2,000G/Tカーフェリー
(37) 2,000G/T客船
(40) 5,000D/Wセメントタンカー
(43) 12,000D/Wカーゴライナー
(47) 120/60Tonsフローティング・クレーン
(48) 30,000D/Wオイルタンカー
(50) カッター・サクション・ドレッジャー
(56) 10,000D/Wプロダクトキャリアー
(59) クリニック・ベッセル(370トン型)
(60) 3,000P.S.タグボート
[2] 広報宣伝
 ジャカルタ市のホテルインドネシア会議室に運輸省、国立海運会社、石油公社、港湾局、日本大使館、JETRO、日本商社員の担当者を延153名招き3日間(1月16日、17日、18日)広報宣伝を行った。
a. 適存船設計資料(No.81)を用いて宣伝を行った。
b. 在来設計資料(10船型)を用いて宣伝した。
c. 84年版英文カタログを頒布して斯業が建造した船舶の優秀性について宣伝した。
d. 広報映画(Shipbui1ding in Japan)を上映し、日本の中型船の優秀性を認識させた。

■事業の成果

近年のインドネシアは東南アジア最大の石油産出国として知られてきた。わが国は戦後30年以上の永きにわたって多額の賠償を支払ってきたが、その中に相当量の船舶があり、斯業はつとにそれらの船舶を建造して同国と深い繁りを持ち、また、近年に至っては大量の経済協力船及びコマーシャル・ベースによる船舶の輸出により同国との関係は益々強くなってきていた。
 一方、同国は赤道に沿い東西約3,000海里にまたがって散在する13,000以上の、大はジャワ、スマトラ、カリマンタン、スラウェシ及びイリアン・ジャワ島等から成り、約200万平方キロメートルの広大な海域に取囲まれている以上、それら島しょ間の交通または漁業等で使用する船舶の需要は膨大になってきた。ところが、最近の世界的船腹過剰に起因する建造需要の減退は世界的な造船不況を醸し、特に同国の旧宗主国であったオランダを初め西独等欧州勢が同市場になだれ込み、異常と云えるような有利な支払条件を提示するなどして同国の注文をさらっていく現状である。
 この時において、同市場の維持と今後なお一層の繁りを深めるため広報宣伝員をジャカルタ市に派遣し、船主を初め船舶関係者等に直接面接して斯業の優秀性を充分に広報宣伝したことは有効需要の創出に寄与するところ大なるものがある。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,286位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
339

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「中型造船業並びに関連業種協調型構造改善」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から