日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「海事知識の普及啓蒙活動」の報告書

 事業名 海事知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


■事業の内容

A. 友の会組織の育成と館報の発行
 全国の友の会会員の募集を行い、船の科学館の展示見学及び港湾施設見学などの行事への参加を促した。
 また、船の科学館報(船の科学館友の会ニュース)を発行し、友の会会員、社会教育施設などに配布した。
(1) 友の会会員証の製作・配布
65mm×90mm  色刷  700枚
(2) 館報の発行・配布
1) 年4回   各1,000部   B5サイズ
2) 配布先  友の会会員   598部
社会教育施設等 402部
(3) 友の会入会案内書の製作・配布
210mm×300mm(3つ折)  色刷  20,000部
(4) 東京港見学会の実施
1) 年2回
2) 内容   観光船により港湾施設などの見学を行った。
3) 用船   東京港内観光船  各1隻
4) 参加者  第1回目 153名  第2回 112名
(5) 友の会封筒の製作
長3サイズ(タック付)  5,000枚
(6) 会員募集業務の実施
総会員数:598名
B. マリンフェスティバルの開催
 7月20日〜31日の「海の旬間」に船の科学館及び隣接する東京港において、一般を対象に、海の防災ページェントを開催し、「海の旬間」の意義を高めた。
(1) 海の防災ページェント
1) 内容     ○ 巡視船「うらが」による体験航海
○ 消防船等の一列行進
○ ヘリコプター等による救助訓練
○ 洋上消火訓練
○ 着色放水演習
○ 建物火災救出訓練
○ はしご乗り演技
○ 音楽隊演奏 他
2) 参加協力者  運輸省関東運輸局東京海運支局
海上保安庁
警視庁
東京消防庁
海上災害防止センター等
3) 訓練出場者  約800名
4) 見学者    約11,800名
(2) 広報
1) ポスターの製作
B3サイズ  色刷  1,250枚
ポスターの掲出
国電山手線  1期(4日)
C. 特別展の開催
 船の科学館の特別展示場(300m2)で海事知識の普及及び啓蒙を図る目的で海や船に係る特別展を開催した。
(1) 特別展「帆船」〜その現在と未来〜
1) 期間      昭和61年7月13日〜9月15日
2) 見学者     152,445名
3) 展示造作工事  300m2
4) 広報      ポスターの製作
B1サイズ  色刷   500枚
B3サイズ  色刷  3,250枚
ポスターの掲出
国電駅貼    B1サイズ 40駅 1期(7日)
国電山手線   B3サイズ    1期(2日)
国電京浜東北線 B3サイズ    1期(2日)
新聞広告
昭和61年8月19日付夕刊フジ
(2) 特別展「船の絵画」展
1) 期間      昭和61年10月10日〜11月30日
2) 見学者     85,041名
3) 展示造作工事  300m2
4) 広報      ポスターの製作
B3サイズ    色刷  2,950枚
インターサイズ 色刷   500枚
ポスターの掲出
国電山手線   B3サイズ     1期(4日)
国電京浜東北線 B3サイズ     1期(4日)
地下鉄東西線  インターサイズ  1期(1カ月)
新聞広告
昭和61年11月19日付夕刊フジ
(3) 特別展「江戸湊と船」
1) 期間      昭和62年2月11日〜3月31日
2) 見学者     67,343名
3) 展示造作工事  300m2
4) 展示品整備   展示模型船の製作
縮尺1/20 「五太力船」 1隻
縮尺1/20 「押送船」  1隻
縮尺1/20 「大茶船」  1隻
縮尺1/20 「猪牙船」  1隻
江戸湊状況模型の製作
外寸1,500mm×1,200mm×800mm  1台
5) 広報      ポスターの製作
B3サイズ    色刷  2,950枚
インターサイズ 色刷   500枚
ポスターの掲出
国電山手線B3サイズ     1期(4日)
国電京浜東北線 B3サイズ     1期(4日)
地下鉄東西線  インターサイズ  1期(1カ月)
新聞広告
昭和62年3月18日付毎日新聞夕刊
D. 海事映画フィルムの整備
フィルムの整備   赤道直下の一本釣り              1本
南海の漂流                  1本
海底をさぐる-ジャック・イブ・クスト- 他    1本
小さなハイキングビッケ-ビッケと火山島探検-  1本
釣りキチ三平-大空にはばたけ三平-       1本
■事業の成果

船の科学館の来館者を対象に、海の旬間マリンフェスティバルの開催、海事特別展の開催並びに海事映画フィルムの整備また、会員を中心に実施した東京港見学会などを通じて海と船への関心を高めることに努めるとともに全国的に会員を募集して船の科学館友の会を組織し、館報などを通して海事知識の普及及び海事思想の啓発に寄与したと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
9,705位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「海事知識の普及啓蒙活動」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から