日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「国際的海上保安業務の推進」の報告書

 事業名 国際的海上保安業務の推進
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


■事業の内容

新海洋法秩序の成立、SAR条約の発効など最近における我が国海上保安業務の急激な国際化に対応し、円滑な業務の推進をはかるため、次の資料を作成して、内外関係機関等に配付し現状の周知を図った。
(1) 英語版海上保安白書の作成
[1] 規格  ・ A4版 オフセット印刷 約90頁
[2] 部数  ・ 500部
[3] 内容  国際化と海洋利用の進展に対応する海上保安、海上保安をめぐる主な動き、海上治安の維持、海難救助と海上交通の安全確保、海洋汚染防止と海上防災、海洋調査と海洋情報の提供、航路標識の現状と整備、海上保安に関する国際活動、海上保安体制の現状
(2) 定期刊行物の発行
[1] 名称  COMPASS
[2] 規格  B5版 オフセット印刷 約35頁
[3] 部数  500部×2回
[4] 内容  内外の海上保安関係業務資料及び情報
■事業の成果

(1) 英語版海上保安白書の作成
 昭和59年度に続き2回目の発行であるが、海上保安体制の整備、装備の充実、船艇の増強等その内容について外国人に広報効果があり、在日外国大使館からも引き合いがあるなど、関心を抱いている国も多く、国際的海上保安業務の推進に大きく寄与しているものと思料される。
(2) 定期刊行物の発行
 昭和59年度に発行して以来3年目を迎え、内容も号を追って充実され、日頃海上保安庁の第一線で国際的事案の処理に当っている巡視船艇まで定着しており現下の国際的海上保安業務の推進に大きく寄与しているものと思料される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13,276位
(32,670成果物中)

成果物アクセス数
102

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月21日

関連する他の成果物

1.「海上保安業務の推進」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から