日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「内航船の近代化に関する研究」の報告書

 事業名 内航船の近代化に関する研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


■事業の内容

(1) 実態調査、解析
 航海時船内業務調査、出入港時船上作業調査、航海時作業動線調査、運航に関する乗組員要望調査を行い、試設計のための資料を作成した。
(2) 陸上支援のあり方の検討
 機関室設備の保守整備、航海機器の陸上支援、塗装作業の省力化、船内食事の支援体制等について検討し、対応システムを策定した。
(3) 試設計
 ワンマンコントロール操舵室機器配置及びその標準化、近代化船の航海時の安全性評価、離着棧設備の自動化、ハッチカバー開閉の自動化、機関部機器の遠隔監視の標準化、主機関A重油使用の決定、船員室の改善等を実施し、次の試設計図書を作成した。
1) 操舵室配置図
2) 一般配置図
3) 仕様書(抄)
(4) 委員会の開催
 内航船の近代化に関する研究委員会  3回
■事業の成果

本事業は、最も代表的な内航船である449GT型貨物船をモデルとして、作業の省力化、自動化及び陸上支援により航海時1名、離着棧時3名で操船可能な、少人数で運航する内航近代化船を試設計した。本船は、現在6名乗組の船に対して、乗組員作業量を約47%削減し、乗組員4名、予備員2名の場合、週40時間労働及び年間120日休暇を可能とした。
 少人数運航時の航海の安全性についても、現在船に比べて、優れた性能を有することを確認した。
 また、乗組員の居住設備については、若年者にも魅力あるスペース設備、及びインテリアを備え、従来の内航船の職場のイメージを一新するものとして、とりまとめた。
 以上のような魅力ある内航船及び内航船の職場環境を提示し、海運関係者等に対し新しい内航船のイメージを向上させたことにより、内航船員の確保に寄与し、内航海運の安定化、並びに造船技術の振興、我が国造船業の発展に大きく貢献するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,309位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
254

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「超電導電磁推進船「ヤマト1」の展示啓蒙」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から