日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「舶用ディーゼル機関のNOx低減技術の開発」の報告書

 事業名 舶用ディーゼル機関のNOx低減技術の開発
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


■事業の内容

(1) エマルジョン燃料によるNOx低減
 水エマルジョン燃料製造装置及び燃料噴射ノズルを設計、製作し、2サイクル低速ディーゼル単筒機関に組み込んで、運転試験を実施した。これにより、2サイクル低速ディーゼル機関における水エマルジョン燃料のNOx低減効果及び水エマルジョン燃料の見かけの粘度上昇が燃焼に及ぼす影響を把握した。

(2) 給気加湿によるNOx低減
 2サイクル低速ディーゼル単筒機関による運転試験を実施し、2サイクル低速ディーゼル機関における給気加湿によるNOx低減効果を把握した。また、舶用ディーゼル機関に適する給気加湿方法について検討し、給気加湿方法を試験するための給気加湿単独試験装置を設計、製作した。

(3) 多口燃料噴射によるNOx低減
 非燃焼・非蒸発状態で燃料噴霧を可視化する燃料噴霧可視化装置用に、可視化容器、多口燃料噴射系部品、及びシート光発生装置を設計、製作した。それらを燃料噴霧可視化装置に組み込んで、可視化試験を実施し、燃料噴霧の分散を把握した。

(4) SCR式排煙脱硝システム
 単筒機関により機関特性に関するデータを採取し、それを基に機関特性シミュレーションプログラムを製作した。そして、機関動特性のシミュレーション等を行い、過給機上流に装備する脱硝反応塔が機関動特性に及ぼす影響を検討し、機関動特性を向上させる方策を立案した。また、併せて、アンモニア注入部及びアンモニア注入コントローラを製作した。
(SCR:Se1ective Catalytic Reduction:選択接触還元)

(5) NOx低減技術等調査
 NOx低減技術、規制の動向等について、ヨーロッパにおける主要ディーゼルエンジンメーカー等の調査を行い、本事業のNOx低減技術開発に資する情報及び知見を得た。調査先は、次のとおり
調査年月日/調査先
H4.9.14/WARTSILA Diesel:フィンランド
H4.9.16/MARINTEK (Norwegian Marine Technolngy Institute A/S):ノルウェイ
H4.9.18/MAN B&W Diesel A/S:デンマーク
H4.9.21/New Su1zer Diesel Ltd.:スイス
H4.9.25/SEMT Pi1estick:フランス
H4.9.28/Lloyd's Register:イギリス

(6) 委員会の開催
舶用ディーゼル機関のNOx低減技術の開発委員会  3回
■事業の成果

本事業では、エマルジョン燃料、給気加湿、多口燃料噴射という燃焼過程におけるNOx低減技術について、実験等を行うとともに、SCR式排煙脱硝システム技術については、機関動特性シミュレーションを実施した。また、ヨーロッパの主要ディーゼルエンジンメーカー等における、NOx低減技術、規制の動向等についての調査を行い、NOx低減技術に関する基礎資料を得た。これにより、大気環境の保全に寄与するとともに、造船技術の振興及び我が国造船業の発展に寄与するものと思われる。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,776位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
1,325

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「超高速船用荷役システムの研究開発」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から