日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「らい病対策プログラム等の推進」の報告書

 事業名 らい病対策プログラム等の推進(Various programs on leprosy, smallpox, blindness, smoking, and health
 団体名 World Health Organization(世界保健機関 注目度注目度1


■事業の内容

WHOが推進する、らい病対策プログラム等に対し資金協力する。WHOは1977年に「西暦2000年までに全ての人に健康を」という目標をさだめて以来、様々な世界戦略を展開している。このたびWHOが推進するプログラムに対して特に今世紀中に根絶を目指しているらい病に焦点をあて重点的に支援する。
1)らい病対策プログラム
WHOが現在、らい病対策として実施をしているMDT(Multidrug Therapy:複合化学療法)の実施地域の拡大を図るため、特に実施率が低く、また困難な問題を抱えている国々に対して、地域住民の教育やらい病患者登録制度の改善を中心とした対策の強化
2)西太平洋地域における下痢・結核などに対する医療システムの再構築。
3)全人類の健康政策の推進。
4)全世界的な禁煙・節煙を図り、タバコが原因となる疾病の予防・減少をめざす喫煙対策プログラムの実施。
■事業の成果






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,829位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
535

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.「日本語研修・交流プログラムの推進」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から