日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「最新造船技術要覧(英文)の刊行」の報告書

 事業名 最新造船技術要覧(英文)の刊行
 団体名 日本船舶輸出組合  


■事業の内容

(1) 編集内容
 日本造船業における技術動向を海外の関係者に総合的に紹介することを編集方針とした。
 編集方針に従い掲載内容が検討され、次の通りとなった。
[1] 日本造船業の活動状況
[2] 日本造船業の技術開発の動向
[3] 最新の建造船舶・研究・技術開発・省エネ機器及びシステム・新技術・環境対策技術を紹介する。
a. 未来・近未来の船舶
b. 最新鋭の船舶
・ 高速アクセス船
・ ガスキャリアー
・ VLCC
・ スエズマックス・タンカー
・ アフラマックス・タンカー
・ 小型タンカー
・ タンカーに関する環境対策
・ プロダクト・キャリアー
・ ケミカル・タンカー
・ ケープサイズ・バルカー
・ パナマックス・バルカー
・ ハンディサイズ・バルカー
・ その他バルカー
・ コンテナ・キャリア
・ RO/RO船
・ 自動車運搬船
・ 冷凍船
・ 海洋調査船
・ フェリー
・ 豪華ヨット、帆船
・ 練習船
・ 清掃船
・ 改造船
c. 新しい航行・操船システム
・ 航行自動化、船舶統合制御システム
・ 操船の省人化、コンピューター化
・ 振動低減システム
d. エンジン、プロペラ、省エネ機器の研究・開発
・ わが国が生産した舶用主機関の紹介
・ 低燃費エンジン
・ 油・ガス併用機関
・ 二重反転プロペラ、省エネ推進装置
・ その他
e. 設計、ソフト、作業管理システム、CIMS他
f. 海洋開発関係
・ 海洋機器・建造物
・ その他
g. 建造・修繕施設
h. 運輸省、政府関係機関、造船関係団体等紹介
i. 索引

(2) 体裁・発行部数
A4判 カラー印刷 252頁(本文)、オフセット印刷
印刷部数 4,000部
本要覧の配布については、次の通りとした。
海外関係  1,100部
国内関係  1,540部
その他  1,360部〔JSC(国際協調関係)、国際会議・国際海事展、会議及び予備〕
■事業の成果

日本造船業における研究・開発の実情及び最新鋭船舶を総合的に紹介し、わが国造船業に対する海外の認識を一層高める目的で、平成4年度に引続き最新版を刊行した。
 編集内容は、わが国の建造船舶、未来船、航行システム、省エネ機器システム、建造合理化システム等を収録し、技術的特長、技術研究、開発機器の説明に重点を置いた。なお、体裁については、写真・図面・イラストをふんだんに取り入れ、デザイン・レイアウトもより斬新なものとした。
 本要覧の完成後、内外の海事関係者へ配布を行っているが、すでに受領した関係者から、極めて多くの技術内容が収録され、最新の状況と今後の研究・開発動向が理解できる編集となっており、日本造船業を総合的に理解できる刊行物であるとの評価を得ている。
 これにより、海外において日本造船業の技術水準の高さが一層認識され、わが国の船舶輸出の促進に資するものと思料される。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
7,535位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
318

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「造船関係事業に関する研修」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から