日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「基礎発想力高揚のための魚類運動メカニズムの研究」の報告書

 事業名 基礎発想力高揚のための魚類運動メカニズムの研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


■事業の内容

本事業は、これまで個々に存在していた魚類等の生物学的動作、運動メカニズムに関する国内外の研究論文等の解析、整理を行ったうえで、基礎発想に役立つ系統だった技術書としてとりまとめ、これからの造船業を担う学生等に提供することにより、船舶・海洋等に対する新鮮な発想力の喚起を促すものであり、以下の内容について研究を行った。
(1)編集基本方針の検討
 編集対象とする学生層を造船・海洋関係の高等専門学校、大学に設定し、平易な記述でありながら、充実した内容とするため、本の編集構成、記述方法、記述内容等について検討を行った。
(2)文献調査及び評価
 水中における運動メカニズムを中心に、
[1] 体長と速度の関係
[2] 推進方法
[3] 魚類の表面抵抗
[4] 推進力の発生源
[5] その他
のそれぞれの分野について、国内外の文献約100冊余りを調査し、文書に取り入れるべき内容、数式等の抽出、検討を行った。
 また、東海大学海洋学部(静岡県清水市)において現地調査を行い、魚類等における生物学的動作や運動メカニズムに関する有益な知見・知識を持つ、同大船舶工学科と当該研究に関する意見交換等を行うとともに、世界でも唯一の機会水族館にて海洋生物の推進メカニズム等を調査した。さらに、魚の流体力学的観点からの考察と文献等では入手が困難な生のデータについて調査するため、琉球大学において委員会を開催するとともに国営沖縄記念公園水族館を訪問し、同館館長へのヒアリング等を行った。
(3)編集取りまとめ
 これまでに収集、評価した情報を盛り込みながら、各章の構成、構成順序、その中で取り上げるべき理論、数式等について、今回、本書の編集対象としている学生たちに、理解が深まるような構成とすべく検討を行い、その決定を行った。
※本事業は平成8年9月30日完了予定である。
■事業の成果

魚類等の水棲動物における生物学的動作、運動メカニズムをターゲットにして、水中における運動を支配する運動量理論、細長物体理論、振動翼理論、境界層理論、レイノルズの相似則といった専門的な理論から、ニュートンの力学といった古典的なものまでも網羅した、系統だった技術書として取りまとめることができ、これからの造船業を担う学生等に船舶・海洋等に対する新鮮な発想力の喚起を促すことの充分可能なものに仕上げることができた。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
8,569位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
234

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「造船・海運等の分野における貿易の円滑化促進」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から