日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「ガーナの洪水被害に対する緊急災害援助」の報告書

 事業名 ガーナの洪水被害に対する緊急災害援助(Relief for flood victims
 団体名 United Nations Secretariat for International Strategy for Disaster Reduction(国連国際防災戦略事務局 注目度注目度1


■事業の内容

ガーナの洪水被害に対する緊急災害援助として、DHAを通じ資金協力する。
突発的な自然災害の初期段階(発生から1週間以内)では、2万〜5万米ドル程度の援助があれば、現地の状況に応じて柔軟に活用でき、3週間後に与えられる倍額の援助よりもはるかに価値があり、多大な効果をあげることができる。またこのような援助は、各国や他の国際機関からの援助を引き出す、呼び水的なものとなりうることから支援するものである。

[被害の概要]
・1995年7月3〜4日にかけての豪雨により、深刻な洪水が発生。首都アクラはじめ、人口の密集した6地区を直撃。7月15日現在で死者40名、行方不明者約100名にのぼり、ガーナにおいて過去50年で最悪の洪水となった。
・洪水により、1,500世帯が家屋を失い、通信網は遮断され、電力供給は、4日間絶たれている。
・洪水の規模の大きさと、洪水に対する準備体制の不備により救援活動は難航している。ガーナ政府は7月12日、国際緊急援助を要請。
・現在、下痢性疾病や、呼吸器疾患、外傷に対する治療薬が不足し、また、毛布、食糧、トイレ等の緊急援助物質も必要とされている。
なお日本政府は、7月17日、総額1,380万円相当の援助物資(毛布1,500枚、テント20張り等)の供与を決定。
当会の援助金は被災地の状況に応じて、現地にて調達される緊急援助物資の購入等に対して、充当される。
■事業の成果






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
18,644位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
32

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.「国際青年会議所世界会議の開催」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から