日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


のH型拘束試験片に例をとって説明しよう。

H型拘束試験片は、第4・8図にあるように、1枚の部材に対し、2本を溝を切り、あたかも3本の柱で両端の部材がつながっているような形にする。両側をA部材、真中の柱をC部材と名付け、C部材に対しては中央において突き合わせ溶接用の開先をつくる。溶接をはじめる前においては、A,Cの両部材に対して何等の力が働いていないから、柱の内部には残留応力はないものとみてよい。

C柱の中央の開先に対して、溶接をはじめると、溶接の熱は、最高1,400 Cから1,500 C位に加熱する。先に述べたように常温から1,500 C近辺に加熱されると、熱によるこの部分の膨張は、Cの柱を通してBの部分を外側に押し出そうとする。ところが、Bの部分は、Aの柱によって両方がつながっているために、Aの柱にはBの部分からの引張応力が発生する。ところがCの柱は、高温に加熱されているので、降伏点は通常の23kg/mm2程度よりは、数段低い応力で降伏する。このBの部分から受ける圧縮応力が、降伏点より高くなると、Bを押さないで、横の方へ膨張しておさまってしまう。ところが、溶接が終って温度が下がってきた状態では、Aの柱の常温での長さに比べて、Cの柱は、高温時において、同じ長さであったのだから、温度が下るにつれて、Cの柱の長さは短くなり、今度は逆に、Bの部材から、Cの柱は、引張り応力を受け、Aの柱は圧縮応力を受けるようになる。この引張応力、圧縮応力がそれぞれ残留応力というものである。

194-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
1,191,834

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から