日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

日本の献体四十年

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


秋田大学医学部における献体27年の歩み

 

秋田大学医学部

 

秋田大学医学部は昭和45年4月に、戦後初めて国立大学医学部として創設され、初年度は解剖、生化、小児科、内科、外科、産婦人科の6講座で発足した。解剖学講座は生化学講座とともに、手形キャンバスの鉱山学部燃料学科の旧校舎に仮住まいし、冶金学科の古教室で講義を開始した。また燃料学科の構内に遺体の処理保管施設を設置して遺体の収集に備えた。当時の最も大きな課題の一つは解剖学実習のための遺体集めであった。解剖学第一には東北大から中尾泰右が初代教授として赴任し、講座開設に追われながらも直ちに白菊会支部を設立し、数多くの機関・施設に協力を求めて連日県内をくまなく訪ねた。忘れることの出来ない思い出は、羽後町の開業医であった藤原宇三郎氏(羽後町立病院副院長の父君)から最初の白菊会入会の申し込みを昭和45年8月22日に、そして同年8月27日、県北の病院から最初の献体の連絡をいただいたときである。
秋田大学白菊会は、昭和45年医学部創設とともに東京大学に本部をおく白菊会の支部として発足したが、独立の気運がたかまり昭和56年6月19日、本部から倉屋利一会長、郡司乕雄理事長をお招きし医学部構内の本道会館で「秋田大学医学部白菊会」発足の記念式典が第1回総会をかね挙行された。
昭和45年以来の白菊会会員の入会数と一般(非会員)を含む献体数(収集遺体数)の推移を表に示す。昭和47年の最初の解剖学実習は学生8人、翌昭和48年には6人、昭和49年以降は現在まで平均して学生4人で一体の遺体の割合で実習を行うことが出来た。予想よりもかなり早く一応の目標に到達できたと思う。現在は年度毎の献体数、白菊会入会者数ともにほぼ安定した望ましい状態にある。これは多くの方々の協力によるものであるが、なかでも白菊会会員、特に既に献体を実行され成願された先輩会員の貴いお志が非常に力強い牽引車となって実現したと思う。改めてお一人お一人に心から感謝の御礼を捧げたい。

 

066-1.gif

 

066-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
36位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
238,281

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「篤志献体の普及啓蒙」の報告書
2.野外指導者養成キャンプ(九州地区)募集案内・参加者しおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から