日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

日本の献体四十年

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


献体運動30年

 

千葉白菊会

 

千葉白菊会の前身である白菊会千葉支部は昭和41年10月に発足しており、千葉白菊会は今年創立31周年を迎えた。
白菊会千葉支部発足時の会員は13名で、事務所を斉藤支部長の自宅に置き、会計事務等は千葉大学医学部の事務官が担当した。
当時は、解剖実習用の遺体不足が深刻で、解剖学担当教授を先頭に、県内の行政機関や福祉施設などを巡回するキャンペーンを年中行事にしており、白菊会千葉支部もこれに参加協力した。
昭和58年、登録会員は漸く500名に達し、それを機会に、白菊会千葉支部を千葉白菊会に改組独立した。
千葉白菊会として独立したのは、会員500名達成を記念する意味もあったが、支部長の斉藤利一氏が定年退職となり、「余生を献体運動に捧げる」という堅い決意に基づくものであった。
大学当局も斉藤氏の熱意に応じ、医学部内の一室を白菊会の事務所に提供された。
斉藤氏は会長に就任すると共に事務局長を兼務し、毎日バイクで通勤し、献体運動に専念した。その斉藤会長は、平成7年4月心臓疾患により82歳で急逝されたが、実に30年間献体一筋の後半生であった。
千葉白菊会として再出発した昭和58年は、「献体法」が公布、施行された年でもあり、献体に対する社会的関心が一挙に高まって、登録申込者は年間2桁代であったものが3桁代に急増した。500名の会員獲得に17年間を要したのであるが、3年後の昭和61年には1,000名を越える倍増ぶりを示した。
現在、会員は2,000名に達し、登録申込者も毎年100名を下らず、遺骨の早期返還のため「予備登録制」を実施している。

 

081-1.gif

 

081-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
36位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
241,546

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「篤志献体の普及啓蒙」の報告書
2.野外指導者養成キャンプ(九州地区)募集案内・参加者しおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から