日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

日本の献体四十年

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


金沢医科大学の献体20年

 

金沢医科大学

 

昭和47年6月1日、金沢市の近郊内灘町の砂丘に、日本海側唯一の私立医科大として本学が開学した。当時、福井、石川、富山3県の代名詞となる北陸には金沢大学のしらゆり会が、篤志団体として解剖学実習を支える献体活動をしていた、本学に対する献体も初期にはしらゆり会による支援活動の中で扱われていた形跡があり、現在の天寿会はしらゆり会支部と位置づけられていた。
しかし、開設当時の教授陣は独立独歩の道を選び、翌48年には北陸3県の市町村、警察、病院、施設を精力的にまわり、その年だけで48体の献体を得ることに成功した。その後も研究時間がなくなる程熱心に献体活動に取り組んだ先輩教授陣の御陰で今日まで充分な解剖実習を実施することができ、頭の下がる思いである。
昭和51年3月、本学独自の篤志団体天寿会が会員50名で発足し、今日まで20年間延べ701名の登録会員(現在404名)が本学の献体活動を支えている。一方で教授陣による年間300箇所にのぼる献体キャンペーンも続けられ、多くの方面の理解を得ようとした。
全国的に献体数が足りなく、国をあげて献体に対する関心が高まったころ、昭和60年に当時の鈴木菊男理事長が積極的に献体活動支援を打ち出し、それに呼応して学内外から沢山の善意の寄付が寄せられ、現在の天寿会活動の基金になった。
昭和63年、従来の慰霊納骨堂が小さくなったために建て替えられた。富士山を形どった慰霊塔の前で、毎年4月納骨式が行われるようになり、天寿会会員、遺族、学生、教職員が参集して献体に対する感謝の念を新たにしている。10月には、大学主催の全学追悼法要が執り行われ、これと同時に天寿会総会も開かれており、総会での医学講演も好評である。
本学献体活動は20年を迎え、一つの転機に来ているが、天寿会会員の本学医学生に対する慈愛に満ちた眼差しと医学に対する真に純粋な信頼感によって、これからも支えられていくことを確信している。
(平井圭一 記)

 

116-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
36位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
238,281

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「篤志献体の普及啓蒙」の報告書
2.野外指導者養成キャンプ(九州地区)募集案内・参加者しおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から