日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

日本の献体四十年

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


ともしび会の歩み

 

ともしび会

 

岡山の献体団体「ともしび会」は昭和42年6月に発会した。この会の名称は、創立者の一人である初代理事長の星尾正一氏により、「貧者の一灯によって、無明の暗を照らしたい。一人一人のともしびでも、何千何万燭光にもなり、未来を照らすことも出来る」と念じて「ともしび会」とされ、昭和43年には元文部大臣の瀬尾弘吉氏により清書された。「献体」という言葉は、昭和41年に活字になったが、これは「ともしび会」副理事長の長安亮太郎氏が初めてもちいた。以降この「献体」という言葉は全国各地の篤志団体に広まり、現在では辞書にも採択されている。平成元年には、「献体の由来を記念し、献体の精神をたたえ後世に伝えるため」にと長安亮太郎氏直筆の「献体の碑」の文字を彫り込んだ記念碑が完成し、この碑は岡山大学へ寄贈され永久に保存されることになった。発会当初の会員数は107名であったが、平成8年3月31日現在3,279名、献体者数1,092名、生存会員数1,773名であり、受入状況は年平均80人である。これには各市長村広報紙掲載による啓蒙活動が大きな役割りを果たしている。各会員の個人的普及活動、新聞投書、県下各自治体訪問、施設訪問なども役に立っている。この啓蒙活動の結果毎年150名前後の入会者があり、関接的な効果として、会員外の篤志献体者数も近年著しく増加したことも注目される。

 

148-1.gif

 

148-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
36位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
238,281

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「篤志献体の普及啓蒙」の報告書
2.野外指導者養成キャンプ(九州地区)募集案内・参加者しおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から