日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

バタフライに関する調査研究報告書

 事業名 水泳の普及振興
 団体名 日本水泳連盟 注目度注目度5


002-1.gif

 

1. 緒言

 

(財)日本水泳連盟会長  古橋 廣之進

 

(財)日本水泳連盟は、長年にわたり水泳の競技力向上を図ると共に、個の特性に即した合理的で安全な水泳指導の普及・充実に努力して参りました。そうした事業の一環として、水泳医・科学研究会・シンポジウム、国際会議等を開催し、また、泳法に関する各種の調査研究を推進して参りました。

それらの成果を基盤に、日本財団((財)日本船舶振興会)の補助金を受けて、「水泳の普及振興事業」として「泳法に関する調査研究」を開始し、平成6(1994)年度:クロール泳、平成7(1995)年度:平泳ぎ、平成8(1996)年度:背泳ぎに関する調査研究を実施し、それぞれ報告書を刊行して参りました。

本報告書は、バタフライ泳法に関するもので、一連の調査研究報告書の最後となります。

ご存知のように、バタフライは、平泳ぎから誕生した競技種目であり、その歴史はわずか40年あまりです。しかし、蝶々が卵、毛虫、さなぎと変身してようやくはばたくように、この短期間にバタフライ泳法は数多くの変化を見せ、工夫・改善されてきました。

また、日本の長沢二郎選手が、実質的な現代バタフライ泳法の創始者と呼ばれることに象徴されるように、日本水泳界は、数多くの名バタフライ選手を輩出してきました。

その基本となるものは、日本人の体格・体力を考慮して、より抵抗が少なくより大きな推進力を生む泳法をつくり出そうとする信念と姿勢でありましょう。

今、日本水泳界は、底辺の拡大と頂点の上昇すなわち水泳の普及振興さらには競技力向上をめざして、日々努力しています。

そうした営みの中で、この調査研究報告書が、水泳のさらなる発展の一助となり、一人でも多くの水泳愛好者や名選手が、まさに蝶々のように世にはばたくために、役立てば幸いです。

最後に、長年にわたり「水泳の普及振興事業」に援助下さった、日本財団に心より厚く御礼を申し上げると共に、これらの調査研究の実践に貢献していただいた関係者各位に深謝致します。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
113位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
114,948

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「水泳の普及振興」の報告書
2.啓蒙普及用ビデオ「SPORT空手」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から