日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

バタフライに関する調査研究報告書

 事業名 水泳の普及振興
 団体名 日本水泳連盟 注目度注目度5


076-1.gif

 

だから,速く泳ぐ為には,“かき”を上手に行って最高速度をいかに速くするかと,かかと上げなどの時の抵抗をいかに避けてブレーキをいかに小さくするかがポイントとなる。では,どのような“かき”と抵抗回避技術がよく,それを指導するにはどうすればよいのだろうか。

ではまず“かき”であるが,図B?@?Aを見て頂きたい。ここでもまたスイミングマガジンの文章や図を引用させて頂く。図B?@はバタフライの“かき”パターンを下から見上げた状態である。バタフライもクロール同様S型ストロークを左右対称同時に行う。入水し,外側ヘスカーリングをしキャッチをし,キャッチから内側ヘスカーリングを使って指先を移動し,両手が最も近づいた時点から再度外側へ向かってフィニッシュをする。図B?Aは鹿島選手の“かき”パターンだ。0数字の番号も図Aと対応している。?@で入水をし,?A

 

076-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
113位
(32,660成果物中)

成果物アクセス数
115,268

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月31日

関連する他の成果物

1.「水泳の普及振興」の報告書
2.啓蒙普及用ビデオ「SPORT空手」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から