日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

バタフライに関する調査研究報告書

 事業名 水泳の普及振興
 団体名 日本水泳連盟 注目度注目度5


8. 総 括

 

(財)日本水泳連盟医・科学委員会・医事部,東京大学大学院教育学研究科教授  武藤 芳照

 

(財)日本水泳連盟医・科学委員会・医事部,東京大学大学院教育学研究科  太田 美穂

 

バタフライは、正式には、1953年平泳ぎから派生・独立した競技種目であり、クロール、平泳ぎ、背泳ぎに比べれば、歴史の浅い泳法である。

現代のバタフライ泳法の原型を日本人が確立したとされていることもあって、オリンピックでの入賞や世界記録の樹立等、バタフライの普及・発展に日本選手は大きな足跡を残している。

日本(古式)泳法の中には、バタフライと酷似した泳法が見られることもよく知られており、時代を逆上って、日本人がバタフライと深く関わっていたことは誠に興味深い。

他の競泳種目に比して、身体の上下動が大きく、また、落下時の瞬間最大速度が全泳法中最大であることから、躍動感あふれる力強い泳ぎの代表として位置づけられ、また親しまれている。

しかし、その分、すぐれた水泳技術と強い体力を要する種目であるため、低年齢の子どもや中高年者にとっては、負担の大きな泳法という側面も有している。

特に、骨格の未成熟な幼少年期に、早期よりバタフライの激しいトレーニングを継続すれば、腰部障害や肩部障害をきたす例も少なくない。

また、かつては、妊婦水泳にバタフライは腰痛をきたすので、好ましくないという意見も強かったが、妊婦に伴う女性ホルモン分泌の変化の影響で、骨格の柔軟性がいつもより高まり、それ程問題にはならない例もあると考えられるようになった。

さらに、マスターズ水泳の普及に伴って、バタフライを泳ぐ中高年の数も増加しているが、若い一流競泳選手と同様のフォーム・姿勢のバタフライではなく、中高年らしい「大人向けの上手なバタフライ」を身につけるのがよいであろう。

バタフライの歴史は、その時代の泳者の苦労と工夫の積み重ねにより成り立っている。

腕と脚の調和、手の入水からかき方の軌跡、2つのキックの打ち方、呼吸、スタート、ターン、タッチの方法等、ひとつひとつの技術をとらえてどうしたらより大きな推進力が得られ、より抵抗の少ない姿勢となり、記録が伸ばせるか。また、障害を予防できるかといった課題を、苦しみ考え抜いて、ほんのわずか向上する。そんな営みの連続であるようだ。

日本人の体格・体力面の不利な点を乗り越えて、こうした知恵と工夫でスポーツに挑戦していく意欲と姿勢は、バタフライや水泳に限らず、日本のスポーツ全体の飛翔につながるものであろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
113位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
114,948

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「水泳の普及振興」の報告書
2.啓蒙普及用ビデオ「SPORT空手」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から