日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


は じ め に

 

本報告書は、競艇公益資金による日本財団の平成9年度補助事業として実施した「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」事業の成果をとりまとめたものである。

平成9年1月に日本海で発生したナホトカ号からの重油流出事故を契機に、大規模油流出事故対応への関心が高まっている。

とりわけ今回の事故は荒天時に起ったため、流出油に対する対応は困難を極め、大量の油が海岸に漂着して大きな問題となった。

当財団では、かねてよりこのような事態に対する危惧の念とその対策についての強い関心を抱いており、日本財団の補助事業「大規模油流出事故対応の防除技術・資機材の研究開発」を始め、いくつかの調査・研究を行って来ている。

本事業は前記の事情を勘案して、外洋での油流出事故について、特に荒天時にも対応出来るような最適防除資機材の整備並びに運用システムを策定する事を前提として、外国も含めて、事例・資機材・研究開発動向等の調査を行い、適切な運用や必要な研究開発方針について検討した。

これと並行して、前記研究開発で開発・製作した流出油拡散漂流シミュレーションシステムを、油の風化に関する新しい知見を導入し、また新しく対馬海域を加え、且つ現在のハード・ソフト環境に適合するような形で、改良を加えた。

その結果、外洋における大規模油流出事故に対する対応・制度・防除技術・資機材・訓練等について多くの有益な資料を得る事が出来た。

本報告書はまた同時にこれらに関する将来の研究開発についても展望している。

本事業は、東京大学名誉教授 元良誠三氏を委員長とする「外洋における油流出事故対策の調査研究委員会」の各委員の熱心なご審議による他、運輸省のご指導及び芙蓉海洋開発株式会社、新日本気象海洋株式会社をはじめ、多くの方々のご協力により実施されたものであり、これらの方々に対して心から感謝の意を表する次第である。

 

平成10年3月

 

財団法人シップ・アンド・オーシャン財団

会 長   今 市 憲 作

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
13,349

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から