日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


1.2.2 実施内容

本調査研究の概要を以下に示す。またそのフローを図1-2-1に示す。

本調査研究では、(1)及び(2)の調査並びに(3)のシミュレーション研究を実施し、(4)の項目でこれらを総合的にとりまとめ、今後の研究開発への提言を行うものである。

(1)及び(2)の調査については、文献調査とヒアリングから情報を収集し、とりまとめる。文献調査については、JICST等による文献検索、既存資料、関連文献からの引用等により、関連資料を取り集め、調査研究の基礎資料とする。ヒアリング調査については、専門家、研究機関、等を対象とし、国内に加え、欧米諸国の調査も実施する。

(3)の流出油拡散漂流のシミュレーション研究においては、風化モデルの改良を行い、これとともに拡散漂流予測プログラムをパーソナル・コンピュータに移植する。また、予測対象海域の流動データベースを追加する。

 

(1)油流出事故例の調査

@近年の重大油流出事故例

A代表的油流出事故

 

(2)防除体制及び防除資機材の調査

@防除体制

A防除資機材

B防除資機材の配備状況

C防除資機材の運用方法

D研究開発動向

 

(3)流出油拡散漂流シミュレーションの研究

@風化モデルのプログラムの改良

Aパソコンへの漂流予測プログラム移植

B対象海域の流動データベースの追加

C流出油拡散シミュレーションの検証

 

(4)まとめと提言

@調査研究のまとめ

A今後の研究・開発に対する提言

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
13,349

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から