日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


2.2.3 Arisan号油流出事故

(1)発生状況

1992年1月12日、鉱石140000トンを搭載したバルク・キャリア「Arisan号」が、ノルウェー西岸、ルンド北西で座礁し、約150トン(約0.2kL)の燃料重油が荒天時下、波高5〜6mの海上に流出した。

 

(2)対応

Arisan号座礁の通報後、国家汚濁管理局(SFT:Norwegian Pollution Control Authority)地区当局に対して警報が発令され、西海岸現場に指揮拠点が設置された。自治体に対しては、特に敏感な区域保護のため近隣補給所から提供可能な機材をすべて使用するよう指示が出された。これにより、自治体の備えている防除資機材が動員され、第一報から5時間後には、最初のオイルフェンスが展張された。

事故発生当時、燃料搭載量は700トンと見積もられ、船体破損前に緊急荷下ろし作業がSFTとノルウェー海事理事会によって敢行された。Arisan号は他の船舶が横付けできない場所に座礁していたため、ヘリコプターによりポンプとホースを船上に運搬後、油抜き取り作業が行われ、520トンの燃料油を回収した。

海上に流出した油の回収には荒天のため、外洋用のオイルフェンスが使用された。通報から12時間後には、オイルフェンスと油回収装置からなる4組の回収システムが使用された。この作業においては、ロープモップ式回収装置とフォックステール型やTramsrec.型回収システムが使用された。4時間の作業で10トン、24時間後には27トンの油が回収されたが残りは海岸線に漂着した。

気象条件から考えて、大部分の油が海岸に到達することは明らかであった。これに対応すべく国家汚濁管理局(SFT)の現場指揮官と自治体や、地元関係当局のスタッフが油到達予測地点に指揮拠点を設置し、航空機および現地踏査により汚染範囲を調査・確認後、損害の危険度に従って浄化区域の優先順位を決定、洗浄・回収作業が実施された。これにより、作業に必要な人員数や資機材を的確に配置することができた。

 

(3)被害状況及び回復状況

ノルウェーの鳥類重要種の保護区域であるルンド(221種(200,000羽以上)の鳥類が生息し、その幾種類かは絶滅危惧種。)は、海岸線が30km以上にわたって汚染され、防除作業は延べ4560日に及んだ。この期間内で約3000羽の海鳥が死亡し、その死骸現認範囲は、海岸線190kmにわたった。

幸い油流出事故の発生が、これらの海鳥の営巣時期よりも前であったため、この程度での被害で済んだが、もし事故が営巣時期と重なっていた場合には、さらに甚大な被害になったものと予想される。

Arisan号からの油流出は、大規模な流出事故ではなかったが、約150トンの流出に対し、作業コストが約500万米ドルに達した。しかしながら520tの油の緊急抜き取り作業により防除作業経費が大幅に軽減されたことは想像に難くない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
13,349

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から