日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.2.3 油回収装置

油回収装置は、油回収部、浮体・支持部、回収物を貯蔵設備に送るポンプで構成されている。基本的には、吸引式、付着式及び導入式の3種類に大別される。

 

(1)吸引式油回収装置

流出油をポンプまたは吸気系により、水面から直接、または堰を経て回収する。この方式では油とともに大量の水を回収するが、多量の水により油が流動しやすくなるため高粘度油の回収にも適している。一方、回収物における水の占有率が高いので大容量の貯蔵・分離設備が必要となる。

この方式により流出油を効率よく回収するためには、吸入口位置を油層に追従させる必要がある。この追従性は、峻度が低く、波長の長い波に対してはよいが、波浪や砕波のように峻度の高い波に対しては低下する傾向がある。

吸引式油回収装置には、その吸引方式により主として以下の2種類に大別される。

 

@真空ポンプ式

図3-2-6に示すように、浮体による浮遊式あるいは浮遊堰式の吸入口を流出油と海水の境界面に保持し、これに接続されたホースを介して別のプラットフォームに搭載された真空ポンプにより油水を吸引する方式である。

 

053-1.gif

 

A混気ジェットポンプ式

水面付近に保持した吸入口に混気ジェットポンプにより負圧を生じさせて油水を吸引する方式である(図3-2-7)。

この方式では、ゴミ等、他の夾雑物等によりポンプを損傷する可能性がきわめて低いことに加え、ある程度の大きさの固形浮遊物も同時に回収できることが特徴となっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
13,349

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から