日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.2.5 油吸着材

油吸着材は、吸収・吸着によって油を回収する物質・材料であり、基本的に以下の3種に大別できる。

 

1)樹皮、泥炭ゴケ、藁、干し草、羽毛、椰子殻、サトウキビの搾りかす等の天然有機物

2)蛭石、真珠岩、火山灰等の鉱物起源物質

3)発泡ポリウレタン、ポリプロピレン繊維等の有機合成油吸着材

 

有機合成油吸着材は、通例その体積の割に油の保持能力が大きく、繊維、モップ、シート、等さまざまな形態で入手でき、種類として

 

1)ポリプロピレン系

2)ポリウレタンフォーム系

3)ポリエチレン系

4)ポリスチレン系

 

等があり、ある程度は再利用できる。

国内の規格については、海防法施行規則第33条の第1号において

 

1)B重油吸着量:6g/1g以上、0.8g/1cm2百以上

2)吸水量:1.5g/1g以下、0.1g/1cm2前以下

3)通常保管状態において変化しにくいこと

4)油吸着状態で長時間原形を保つ、回収容易なこと

5)焼却可能かつ有害ガス発生少量であること

 

と定められている。

天然有機物の吸着材には、親油性薬品で処理、あるいは加熱の調節により、水よりも油を優先的に吸着するように加工できるものがあり、これにより回収性能が向上するとともに、水中への沈下を防止できる。吸着材は、その使用法に注意さえすれば、海域条件を問わず使用できるものが多い。

近年から現在まで吸着材はウールタイプのものが主流であったが、Parker Systems, INC.のOil Snareに限っては、幅5mm程度の薄い帯状のポリプロピレンを撚って束にした形態をもっている。これは撚りをいれるとことにより、油の保持力を向上させたものであるが、その効果は絶大で、表3-2-12中の吸収能力を見てもそれはわかる。この吸着材は、1997年1月、日本海で発生したNakhodka号の重油流出事故で活躍したことは記憶に新しい。

また、環境問題に配慮すべく、その材質に天然素材を使用したものもある。ノルウェーのABSORBERINGSTEKNIKK AS社の吸着材は、製品後の余剰羊毛と松の樹皮を原料としており、規模の大小を問わず、多量に使用した吸着材の燃焼処理時の有害物質発生に対処している。

いずれの吸着材も、その素材から考えて親水性は低いものと推察されるが、特にCan-Ross Environmental Service Ltd,のMatasorbは、流出油を吸収するだけでなく、撥水性があるため、油種を問わず油流出事故に対応できる吸着材である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
13,349

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から