日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3.3 防除資機材の配備状況

海外及び日本国内における油防除資機材の配備状況について、既往文献の収集、国内外の専門家、研究機関、回収業者、等を対象としたヒアリングを実施し、各国における防除資機材の配備状況を主にその配備のコンセプトの観点からとりまとめた。また、米国沿岸警備隊(USCG:United States Coast Guard)や海洋油流出事故対策株式会社(MSRC:Marine Spill Response Corporation)等は、インターネット上で防除対策チームの配備状況等を紹介しているので、これらも参考にした。

 

3.3.1 アメリカ

アメリカにおける流出油防除資機材の配備状況は、USCG、MSRC、民間流出油対応組合の配備状況と言い換えることができる。USCGの担当区域及びMSRCの配置については、3.1.1項で示したとおりであるが、ここでは、これらのうち、ヒアリング調査とインターネット経由で収集したMSRCの防除資機材配備状況について各支所別に一覧にした(表3-3-1)。MSRCは、この配備により事故通報受信後、2時間以内の出動、24時間以内に事故現場に到着することを目標としている。

全体の配備状況を見ると、オイルフェンスについては、Sea Sentry UとSlickbarが多い。また、油回収装置については、全体の半分近くの支所がTransrec 350を配備しており、荒天時の外洋における防除対応を想定していることがうかがわれる。

バージ、タグボートの類は、ほとんどの支所が所有しているが、回収油貯蔵施設は主として対応アラート支所(responder)を中心に配備されている。

昨年実施した海外ヒアリングにおいてMSRCの担当者からは、MSRCの新しい営業品目としての「すべての規模の油流出への対応」には、荒天時の外洋の条件を含んでいるとの回答を得た。

 

076-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
13,349

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から