日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


一方海域では、実験と異なり油膜が重力・表面張力・海水の乱れ等により広がり、表面積は増加し厚みが減少する。その効果は、結果的に蒸発時定数が変化すると見なせばよく、

 

118-1.gif

 

とすればよい1)。A(t)については、Fay4)の理論式より求めるものとする。

 

(2)含水率の方程式

含水率YWは、蒸発率Q及び蒸発率速度dQ/dtによって支配され、パラメータとして、飽和含水率YS、含水速度K、油層厚さhO及び油膜の広がり率A(t)を含む次の式で表される。

 

118-2.gif

 

Kについては、実験データを元にK∝U2で近似するものとし、hO,A(t)については、蒸発率と同様にFay4)の理論式より求めるものとする。

 

(3)蒸発による動粘度の変化

無水油の動粘度νは蒸発による組成変化によって決まり、次式で表される。

 

118-3.gif

 

118-4.gif

 

(4)乳化による動粘度の変化

含水油の粘度η(YW)は無水油の粘度ηoil(YW=0)に含水影響の修正を施すことによって次のように求められる。

 

118-5.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(32,660成果物中)

成果物アクセス数
13,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月31日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から