日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

外洋における油流出事故対策の調査研究報告書

 事業名 海洋における油流出事故対策に関する調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4.5.1 流出事故の概要

油流出事故は平成9年4月3日に発生し、事故後の浮流油位置は同月7日15:00〜13日8:00までのデータが不等間隔で得られている。図4-12に視認された日時と浮遊油の位置のうち、主要なものを示す。

 

122-1.gif

 

4.5.2 海上風の設定

予測計算を行う際には海上風を設定する必要がある。本システムを用いて対馬海峡での予測を行う場合には若宮灯台での観測風を用い、入手出来ない場合には地域気象観測所である厳原の観測風を代用することとしている。

実際の災害発生時には将来の風は入力不可能なため、通常は現在の風が変わらずに吹き続ける等の仮定のもとに計算を行う。将来の風を設定する方法のひとつに気象庁が配信するGPV(Grid Point Value)データを利用する方法がある。このデータは毎日9時、21時における観測風を初期値として51時間後までを計算したものである。

GPVデータの使用可能性も考慮し、予測計算には図4-13に示した上記3種類の風データ(若宮灯台、厳原、GPV)を用いた。GPVデータは粒子投入位置に最も近いメッシュ値を取り出し、9時、21時のデータは初期値(観測値)を与え、その間の12時間は最新の予報値を与え、時系列データとして編集した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
768位
(32,543成果物中)

成果物アクセス数
13,327

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月12日

関連する他の成果物

1.「Marine Oil Spill Response」
2.「海洋における油流出事故対策に関する調査研究」の報告書
3.荒天追波中の運航方法?追波にひそむ危険性の回避?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から