日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


はしがき

 

船舶の遭難時における膨脹式救命いかだの有用性については、コンパクトで使用の簡便さからますます認識され乗船者のこれに期待することは極めて大きく、かつ、非常の場合正常確実に作動することを当然としている。

しかしながら膨脹式いかだは、その材料が特殊であること及び機構が複雑であること、またいかだ自体がしばしば改良されてきたことからその性能を完全に発揮させるためには、ひとえに整備点検の適否にかかっており,整備従事者の自覚と技価の充実がなければこれは期待できない。

この指導書は、いかだ整備事業場の責任者及び整備技術者の必携、必読の参考書としてその道の権威者の協力をえて編集されたものであり、いかだの整備に従事する者は、本書を熟読し整備技術の向上研鑽に努め、乗船者の期待に応え人命の安全確保に寄与されることを希望する。

特に膨脹式救命いかだの整備認定事業場においては、膨脹式救命いかだ整備規程に従って整備を行なったときは、船舶安全法に基づく国の検査を省略されることになっているので、一層その使命の重大さを自覚する必要がある。

本書は、昭和42年に初版が刊行されて以来、法規の改正、いかだの改良、検査の制度及び検査の方法等の変更により、いくたびか改訂、補遺がされてきた。平成9年7月1日船舶安全法等の改正により、船舶検査証書の有効期間が現行の4年から5年に延長されたことに伴い、膨脹式救命いかだの整備時期といかだの製造後の経過年数により整備事項が定められ、整備内容等の変更があったので、これらを見直し改訂を行った。なお、法規の改正、いかだの改良等により新型式品を搭載した船舶と旧型式品を搭載している船舶が存在している実状にかんがみ、本書ではこれ等の何れについても対応できるよう併記してあるが、整備、指導に当たってはその区分を正確に把握するよう注意を願いたい。

 

以上

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から