日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(d) 遭難者から救助者への信号用具

024-1.gif

(2) 艤装品の取付方法

第一種・第二種・甲種はいかだの室内床面に取り付けてあるが、甲種の旧型式のものにはいかだとは別の格納袋に収納していかだと紐で連結されているものがある。乙種は通常いかだと分離して収納されているが床面に取り付けているものもある。

5. 附属部品

(1) キャノピー灯、室内灯

キャノピー灯: 天幕の頂上に取付けられていて、暗闇に漂ういかだの位置を知らせるもので、第一種用の灯はよく澄んだ暗夜に2海里の距離から視認することができる明るさが要求されている。

室内灯: いかだ天幕の内側に取付けられていて、灯直下では、「生存指導書」が判読出来る程度の明るさがある。キャノピー灯と同じく、海水電池または乾電池が電源である。第一種いかだはいずれの灯も展張と同時に点灯する自動点灯式で消灯のためのスイッチが設けてある。第二種・甲種・乙種は移乗者が海中に投下して点灯させる手動点灯式である。

(2) 電池

キャノピー灯または室内灯を起動させる電池には、海水電池と乾電池の2種類がある。

海水電池の場合は、一般的に塩化銀または塩化鉛/マグネシウム電池が用いられ、持続時間は12時間以上で、乾電池のように使用時間の経過と共に電圧が著しく低下することはないが、海水を媒体として化学反応により生じる電流を利用しており、一度海水に浸漬すると、海水から引き揚げても反応は進んでしまうので、使い捨てとなる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から