日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


コンテナに格納されているときの多湿による化学反応の進行を防止するため密封構造となっている。整備にあたっては、外観点検のほか電圧計および絶縁抵抗計を用いた機能(電圧は10mV以下、絶縁抵抗は100MΩ以上)の確認のものが必要で、計測は前回検査から3.3年以内に行うこと。

乾電池の場合は、一般的にリチウム電池が用いられ、持続時間は海水電池と同様に12時間以上で、海水電池と異なり、海水に浸漬しても化学反応を進行することはない。整備にあたっては、点灯試験を行えばよい。

なお、電池の有効期限は、製造後5年以内に定められている。

(3) コンテナ

折りたたんだいかだの環境保護と小容量化のためのケースであり、強化プラスチック(FRP)で出来ている。一般には円筒型で外径には構成上の補強および作動落下の際ガイドの目的を兼ねたリブが付けてある。外表面は蓄熱し難い白色のゲルコート層を要している。

ケースは上下二つに分かれ、嵌合部にはパッキングを備えて内部への浸水を防いでいる。また最下部には排水孔が設けてある。

(4) 安全弁

昭和54年10月以降製造するいかだ(除く乙種・第二種タンカー)は、寒冷地におけるいかだの膨脹性能を向上させるため、従来の液化炭酸ガス量を約1.5倍に増加し、また窒素ガスを混合充填するなどの改善がなされた。そのため酷暑時にあってはガス量が過剰となり、気重内圧は必要以上に昇圧して、気室を破損する恐れがあるので、安全弁の取り付けが必要となった。

安全弁の標準作動圧力は、主に140±20mmHgの空気圧力で開閉するよう設計されている。ただし、A.689対応いかだの場合は、閉止圧は100mmHg以上。

安全弁の構造及び機能は、図6に示す通りである。

025-1.gif

(5) ガス充気装置

ガス充気装置は、いかだを構成する部品のうちで最も重要な機能部分であり、図7に示す通りガスボンベ、カット装置、連結金具、不還弁等から成る。メーカーによっては多少構造が異なるが機能は同じである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から