日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(口) 手動投下の方法は架台に組込み、引き手構造に統一され自動離脱装置は手動投下機構を有しない水圧による自動作動機構のみとなった。

(a) 標準積付型(N型)〔ウィーク・リンク付〕

(b) 項に準じた方法の架台にウィーク・リンクが取付けられる様になっています。

取付詳細については、各社の整備規程に従って下さい。

(c) 旧積付型(O型)

積付設備の構造標準が適用されない船舶(昭和56年3月以前に建造された船舶)に積付けられている既存の積付設備は搭載してあるいかだを新替えしない限り有効である。ただし、いかだを新替えするときは、架台及び自動離脱装置も新替えし、標準積付方式としなければならない。

以上の標準積付型並びに旧積付型システムの一例を図11に、旧積付用もやい綱並びに標準積付用もやい綱類の構造と名称の一例を図12に示す。

(3) 架台

架台は一般に山形鋼材で作られた防錆処理が施されている。本船が横20度、縦10度傾いてもコンテナが自重で落下するよう台座に20度以上の傾斜角をもたせており、コンテナは架台の補助レールと固縛ワイヤーで架台に固定され、これが開放されるとコンテナは落下する。

標準積付架台(N型)では、コンテナ固縛ワイヤーの解放機構が架台に組込まれるなど種々の配慮がなされている。以下主な要点を例記する。

@架台の台座: 自動離脱装置取付部は14mmφ孔2個でピッチ40mmに統一され、コンテナ変形防止板を設置した。

A補助レール: レールの積付角度は台座の傾斜に対して90〜120°とし、レールの長さは約1.0m以下で、補助レール支浮でとめ、可動部の軸径は16mmφ以上で、ワッシャー付とした。

B手動投下用ハンドル(引手): ハンドル(引手)の太さは16mmφ以上で安全装置を付ける。引手方向は原則として架台の背面側とし、引張力15kg以下で作動すること。

C固縛ワイヤー固定木板: コンテナ固縛ワイヤーの間隔を一定に保つ木板を常設する。

D側面支持枠: 波浪の衝撃を受ける場所の架台には流出防止の支持枠を必要に応じて設ける。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から