日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


8. いかだの使用法

(1) いかだの操作方法(船上投下膨脹と自動浮揚)

コンテナに格納され架台に積付けられた救命いかだは、手動操作で投下すれば架台の傾斜(新規則では台座の傾斜角度20°以上)に沿って自重で落下し、作動索が引かれて自動的に膨脹するが、万一手動操作で投下する時聞がなく本船がコンテナ(いかだ)ごと沈没した場合には、自動離脱装置が水圧で作動して(水深2m〜4mの範囲で作動)架台から離れて、コンテナ自身の浮力で自然に浮上する。同時に作動索が引かれて膨脹を開始し、コンテナを開いて水上に浮上展開する。

ウィーク・リンク付架台の場合、万一手動操作ができないまま船舶が沈没後、水深2.0〜4.Omの位置に達すると自動離脱装置が作動し、固縛ワイヤーがはずれて、コンテナは自身の浮力で海面へ浮上します。この際、架台は船と一緒に沈みますので、架台の自動索取付金具に固定されている自動索が引張られて、ガス充気装置が作動し、救命いかだを急速に膨脹させます。また、もやい網により船と救命いかだは係留されますが、ウイーク・リンクが取付けてあり、2,200N±400N(184〜264kg)の力で自動的に切断するようになっています。

尚、船舶上で架台の操作により手動投下する場合には、船と救命いかだはもやい網で係留されますが、ウイーク・リンクには切断荷重が加わらない構造になっています。

旧積付方式のいかだの場合には、補助もやい綱及び安全索を取付けた構造になっており、手動投下の場合は、一般的には自動離脱装置の手動機構(ピン、ハンドル等)を操作して行う。

補助もやい綱は一端を架台に仮縛しておき、いかだの投下直前に架台又は船体の一部に強固に固縛してから投下するもので、いかだは本船との繁留を保つことができる。一方、瞬時にして本船が沈没した場合補助もやい綱を船体に固縛する時間がなかったとしても、もやい綱の一端は本船に固定されていないので自動離脱装置が作動した後、自動索の途中にある安全索の部分で切れて、本船から離脱する。

新旧積付方式の索類接続図の一例を図14に示す。なおいかだの近くには、操作指示板(いかだの使用方法の説明書)を掲げることが要求されている。

(2) いかだへの乗込み

水上にあるいかだ等への乗込みを容易にするために十分な数の乗込装置(乗込用はしご、降下式乗込装置等)を備え付けなければならないことが、船舶救命設備規則第86条に規定されている。いかだへ乗込む方法には、本船の乗込装置を用いて乗込む方法と水面よりいかだのはしご等を用いて乗込む方法がある。第一種いかだでは、4.5mの高さ上からいかだの天幕上への飛び降りに耐えられる様、又水中からの乗込みを容易にするため1個所乗込口に乗込台を設ける様要求されている。

第1種船及び第3種船では、進水装置用第一種いかだが要求されている(ただし降下式乗込装置を用いる場合及び水面上4.5m未満の甲板上から乗込む場合は除く)。この進水装置用いかだは、本船のダビッドでいかだを吊下げたまま膨脹させ、全員が乗込み、ダビッドを操作して降下し、着水と同時に離脱して漂流に移る方式のものである。

乗込み場所が水面より5m以上の第2種船のカーフェリー、積付高さが4.5mをこえる第1種船及び第3種船には、降下式乗込装置が要求されている。これには斜め式と垂直式がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から