日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(3) 乗込み後直ちになすべきこと

本船からの離脱はできるだけ早くしないと、本船沈没時の渦に巻き込まれたり、本船の構造物に引掛ったりして水没、破損する危険がある。乗込みが終ったらもやい綱をナイフで切断して速やかに退避しなければならない。ナイフは第二種、甲種はいかだの乗込口付近に取付け、乙種は帯索またはもやい綱に取付けてあ20るので取扱いに注意を要する。第一種いかだは乗込口近くの天幕の外側に取付方法が統一された。

本船から離脱したら、漂流者を確認し収容すること、漂流している他のいかだがあれば集結すること、いかだの機能を確認することが次の行動となる。

第一種、第二種いかだでは、海、空からの探索を容易にするため、いかだ本体に再帰反射材が取付けらられ、艤装品として発煙浮信号、レーダー反射器、海面着色剤が装備されている。

乗込み後直ちになすべきことが、いかだ内に取付けられた行動指導書に記載されている。

(4) 船上での日常保守点検

船舶救命設備規則第96条の2では、救命設備に船上での定期的な保守点検のために保守に関する手引書の備え付けが要求されに“いかだ使用方法”の掲示板がいかだ積付場所に設けてある。いかだ整備の際はこの掲示板の保守点検も行うことになる。いかだ積付の点検ポイント(一例)を次に示す。

@架台は、錆がなく塗装されており、可動部は錆付き、ペンキの付着等がなく、かつ給油されていること。又安全ピンが挿入されていること。

A自動索は、端が架台に固縛されており、露出部にペンキ等の付着がなく、かつ余分な弛みがないこと。

Bもやい綱は、端が自動離脱装置に固縛(標準積付の場合)されており、露出部にペンキ等の付着がなく、かつ余分な弛みがないこと。

Cコンテナは、変形、破損等がなく、合わせ面が水平であり、索取出口のパッキンが嵌っていること。

D固縛ワイヤーには弛みがなく、かつコンテナが他のロープで縛られていないこと。

E自動離脱装置の浸水孔にはペンキ、ごみ等が塞っておらず、かつ架台に確実に固定されていること。

F投下又は自動浮揚の妨げとなるものが付近にないこと。

G寒冷時、架台の可動部、自動離脱装置等の氷結に注意すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から