日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


○いかだの転覆とシーアンカーの効果

膨脹式救命いかだは形状的に安定性がよい上に、剛体ではなく柔軟であるため傾きにくく、また波に沿って変形するので浮心の移動が少なく復原力の損失が少ない。しかし乾舷が低いために水が打込みやすく、水が傾斜した床にたまった場合、または乗員が片寄った場合は重心移動が大きく、安定性を矢なうことがある。従っていかだの天幕は単に雨水の採取や発見しやすいことのためではなく、打込水を防ぐことで重要な意味がある。

シーアンカーの使用目的は、風により漂流するいかだの速度を大幅に低下させることにあるが、極度に傾斜して高くなった側が水面から離れ、そこに風が当って転覆する恐れがあり、シーアンカーを流した場合、風上側の浮上を抑止する効果があるとの説もある。

041-1.gif

昭和61年7月1日以降船舶救命設備規則の改正(第一種、第二種適用)でシーアンカーの性能が大幅に強化され、開口部径も約1.5倍と大きくなっている(型式承認品)。

シーアンカーの水圧抵抗は次式で与えられる。

Fo=42.01 SRV2

Fo: 水圧抵抗(N)

SR: いかだの床面積(u)

V: 曳航速度(m/sec)

シーアンカーの曳航速度は通常1.5m/secで与えられるので、25人乗りいかだの場合、シーアンカーの水圧抵抗は、879N(≒90kgf)となる。

第一種いかだでは、安定水のうも大幅に強化され、25人乗りいかだでは水のうには入る水の量は、500kgにも達する。いかだの揚収に当っては、この水の重量に十分注意する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から