日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

膨張式救命いかだ整備技術指導書

 事業名 認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習
 団体名 日本船舶品質管理協会  


(イ) もやい綱(高所積付け用を含む)の長さを点検する必要上、本船の最小航海喫水線から救命いかだの積付け場所までの垂直距離及び全幅を調べ記録しておくこと。

(口) 自動索の長さを点検する必要上、本船の満載喫水線から救命いかだの積付け場所までの垂直距離を調べ記録しておくこと。

(ハ) 点検するいかだの整備経歴簿その他の関係書類を担当船員より借用し、整備資料とする。

(二) 船上での外観点検が終了したときは、自動索ともやい綱(手動投下用もやい綱のあるものは表示板を含む)を一括してコンテナ外面に粘着テープ等で貼り付け、自動離脱装置等各種部品と共に整備工場に運搬する。

(ホ) 車に乗せるときは転がさず必ず持ち上げること。

(へ) 車に乗せたら楔止めをして緊縛すること。コンテナのまま重ね積みしないこと。

(g) “いかだ使用方法”掲示板の点検

(イ) 積付いかだの型式に適合していることを確認する。

(口) 掲示板の損傷、記述鮮明度の良否を点検する。

(ハ) 取付状態の適否を点検する。

(2) 格納状態での点検

(a) コンテナの表示

コンテナの表面に表示されているいかだの型式品名、製造番号、製造年月、もやい綱長さ、船名(船籍港)、検定即、本船いかだ番号その他を点検記録し、表示の汚損、退色等による不鮮明個所は後で清拭し補修する。

(b) コンテナかん合状態の点検

(イ) 封印及びシーリング・コードのシール状態を調べる。封印のないものは使用したものと判断し記録しておく。

(口) コンテナのかん合の状態の良否を調べ、同時に外周パッキン、索引出しパッキン(丸型)等の変質、劣化、破損の状態、金具類の発錆、損傷の状態を点検記録し、悪いものは新品と替えること。

(c) コンテナの外面点検

コンテナの外面を点検し、表面ゲルコート層の傷み具合、各部の破損変形、変質を調べる。特に架台及び締付バンド接触部については入念に調べ、異状個所が発見された場合は、その損傷が本船搭載中のものか、輸送中のものか判断して記録し、修理にまわす。

メーカーから直送された新品いかだの場合も、本船搬入前に上記((a)及び(b)を含む)に準じた点検を行い確認すること。

(d) コンテナを開放しての点検

(イ) コンテナの上部を取り外し、そのままの状態でコンテナといかだ収納袋との接触部を調べ、こすれ、切れ等がないか点検する。

異状個所は記録し、修理の処置をするほか、原因を調べて再格納時の参考とする。

(口) いかだ格納袋、いかだの折りたたみ状態、自動索、もやい綱類が異状に乱れて格納されているものは、使用されたものと判断して記録する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
90位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
140,275

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.舶用機器修繕工事管理者指導書(第2章 修繕に関する安全法規)
2.膨張式救命いかだ整備技術指導書(付図)
3.品質管理指導書
4.舶用機器修繕工事管理者指導書(第1章 修繕事業場における品質管理)
5.舶用機器修繕工事管理者指導書(舶用機器修繕シート)
6.「認定事業場の品質管理向上のための調査指導及び講習」の報告書
7.新型救命いかだの性能に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から